せとさんスポーツ

新聞にありそうな話題となさそうな話題をゆる~く雑記。ドラマ「相棒」と「100均」の記事は熱く攻めますよん。

女子野球に感動した! 女子硬式野球観戦初心者が見た第12回全日本クラブ選手権・決勝戦観戦記【初心者からの女子野球観戦】

はじめに

10月9日(月・祝)に、千葉県市原市のゼットエーボールパークで行われた「全日本女子硬式クラブ野球選手権大会」の決勝戦を観戦してきました。

女子野球観戦は初心者のため、目の前で起こるプレーや光景が新鮮でした。

f:id:setosan1015:20171018094557p:image

あんなドラマまで見ることができるとは…

 

五井駅からレンタル自転車で球場へGO!


今回、出かけたのは「市原市長杯・第12回 全日本女子硬式クラブ野球選手権[uploading:E0C1BAF5-40E6-4566-8BDD-D2148D31AA

私は昨年、「ヴィーナスリーグ」という、関東の女子硬式野球チームのリーグ戦を2度ほど観戦しました。

ヴィーナスリーグには高校チーム、大学チーム、クラブチームなど、様々な属性のチームが集まっていました。

クラブ選手権は、全国のクラブチームが集結してトーナメント戦に挑む、年に一度の大勝負です。

今年は10月9日(土)から、カレンダーでは3連休となる3日間、ゼットエーボールパークと、袖ケ浦市営球場で開催されました。

男子のプロ野球といえば2軍のイースタンリーグしか現地観戦しない私のような人間には、この2球場は聖地のようなものです。

9日はゼットエーで準決勝と決勝戦。

準決勝第1試合。朝8時開始。

残念。私はその時間はまだ神奈川県の自宅で寝てました(^_^;)

あわてて支度して、JR内房線で球場の最寄り駅である五井へ。

ただし、ゼットエーは五井駅から徒歩約35分です。

1時間半に1本くらい出ているバスは、バス停で降りてから球場まで10分以上歩きます。

うーん、どうしよう。なけなしのお金をはたいてタクシー? イヤです(^_^;)

先に球場に行っている方から「五井駅にはレンタル自転車があるよ」という情報をいただきました。ありがたいことです。

五井駅西口で借りたレンタル自転車は1日300円でした。

球場に着くと、準決勝第2試合・侍(さむらい)vsZENKO BEAMS戦の試合中でした。

昨年、観戦した時に侍の関係者の方にお世話になったこともあり、侍目線での観戦です。

 

延長サヨナラでZENKOが決勝進出

 

試合は侍が序盤に3点を挙げたものの、中盤から後半にかけてZENKOが盛り返して3対3の同点に。

試合は7回を終わって同点のため、延長戦に入りました。

大会は7イニング制で、延長戦はタイブレークというルールで勝敗を決します。

タイブレークは、ノーアウト1.2塁の場面から始まります。

8回表の侍の攻撃も、8回裏のZENKOの攻撃も、ノーアウト1.2塁から始まるということです。

8回表の侍、ノーアウト1.2塁で始まった攻撃は、送りバントの失敗などがあり0点。

8回裏のZENKOの攻撃は、ピッチャーが先頭打者に対して初球を投げようとした時に、2塁ランナーが3塁に向かってスタート。気がついたピッチャーが3塁にボールを投げてアウトにしようとしたら、ボークをとられました。これでランナーが2人とも進みノーアウト2.3塁。このチャンスを生かしたZENKOが見事なサヨナラ勝ちを決めました。

7年ぶりの優勝を狙った侍は準決勝敗退です。

休憩を挟んで、決勝戦は、第1試合でハナマウイに完封勝ちしたアサヒトラストと、第2試合の死闘でサヨナラ勝ちしたZENKOが戦います。

 

決勝は最強チームvs敗者復活チーム!

 

アサヒトラストは、今季のヴィーナスリーグ1部リーグで全勝し、8月に開催された全国女子野球選手権でも優勝した強豪チームです。クラブ選手権は2015年、2016年と連続優勝していて、今年は3連覇を狙っています。

ZENKOは、予選落ちから、棄権チームが出たために敗者復活で出場を果たし、決勝まで上がってきました。

強いアサヒトラストと、勢いがあるZENKOの試合。

両チーム無得点で迎えた6回表、ZENKOは先頭打者の四球と次の打者のセンター前ヒットでノーアウト1.2球場として、送りバントで2.3塁のチャンスを作ると、準決勝でも活躍した櫻木選手がライトへの2点タイムリーヒットが出て、均衡を破ります。

試合はそのまま最終回、7回裏へ。

ここまでアサヒトラスト打線を無得点に抑えてきた伊達投手が先頭打者にヒットを打たれたところで、ピッチャー交代。

直前の第2試合で8回を完投し、決勝戦ではスタメン・センターで出場していたキャプテンの半田投手がマウンドへ。

いやこれ、大丈夫なのか?

襲いかかるアサヒトラスト打線。一気にワンアウト2.3塁のチャンスを作ります。

しかし、同点のピンチから後続の2人を抑えて、ZENKOが勝ちました。

敗者復活のチームが全勝街道まっしぐらのアサヒトラストに決勝戦で完封勝ちして初優勝を決めるというドラマが起きました。

女子野球すげええええええ!

試合終了とともにマウンドの半田投手のところに集まってきた歓喜の輪の中には、感極まったのか、涙を流している選手が何人もいました。

その光景を、アサヒトラストの選手の皆さんが、ややぼう然としながらも、しっかり目に焼きつけていました。

決勝戦に、クラブ選手権に参加した全チームと全選手の魂が凝縮されていたのかもしれません。

 

いやあ、これは1回戦から全試合、観たかった!

感動の終幕は新しいドラマの始まり!

 

大会が終われば、今度は新しいドラマが始まります。

 

ZENKO BEAMSの勢いは本物なのか。

アサヒトラストが再び強さを見せつけるのか。

私が応援している侍のリベンジはいつか。

その他、すべてのチームの戦いも。

 

これは、見逃せねええええええ!

 

クラブチームの熱い戦い模様から目が離せなくなりそうです。


ところで、ゼットエーのスタンドで、びっくりしたのは、お客さんが少ないことです。

スタンドにいる人数を数えたら、試合を終えた選手や関係者、さらに市原市長を含めても(^_^;)、約200人でした。

もっとたくさんの人とこの感動体験を共有できたら、さらに嬉しかったかなーという点が、心残りではありますが。

五井駅からチャリを飛ばした甲斐がありました!

女子硬式野球、素晴らしいです!


ただ、埼玉、千葉…

神奈川県民からは、主要開催球場が遠いのが、ちょっとした自分ハードルです。
駅からも、その駅までも(^_^;)

自動車とかいう野球観戦にぴったりの近代文明は、なにそれ状態ですから…

あれ?

ヤクルト戸田球場や日本ハム鎌ケ谷スタジアムに行く時も、同じようなこと言ってるな俺…

20年くらい前からずっと言ってるな…

(^_^;)

 

↓こちらの記事もどうぞ~↓

www.setosan.net