せとさんスポーツ

新聞にありそうな話題となさそうな話題をゆる~く雑記。ドラマ「相棒」と「100均」の記事は熱く攻めますよん。

2018年の手帳→まず「名前」→次に「2019」年の1月1日を埋める!手帳を「汚す」!

手帳を買ってきて、2018年の1年間、手帳を使う「最初の一歩目」は「名前を書くこと」で、次は「こうなりたい、を記述しよう」と提案している記事です。

f:id:setosan1015:20171209235158j:image

 

手帳はもう手元にありますか?

 前回の記事で

「100円ショップで2018年の手帳を買おう」

「手帳ってペンがないと書き込めないよね」

「だったら100均グッズ1つで手帳とペンを合体!」

「プラス1!」

と投稿しました。

↓こちら↓

www.setosan.net

 

2018年の手帳は買いましたか?

買ってなくても、まだ大丈夫です。

文房具屋さんや雑貨店に行けば、2018年の手帳はたくさん売られています。

お店も、2017年中にできるだけ売っておきたいので、今がチカラの入れどころです。

100円ショップにも、2018年用の手帳が各種、並んでいます。

1000円や2000円する手帳と遜色ない、または2000円以上のパフォーマンスを発揮する100均手帳もあります。

 

さあ、手帳を買いに行こう!

 

名前を書くと1年が始まる

 さて、手帳を買ってきました。

どうしましょうか。

 

私はよく「買ったことに満足してしまう」ことがあります。

たとえば、本を買おうかやめようか、さんざん迷った挙げ句に買って、手に入れたことに満足して、結局読まないとか。

そういう人は少なくないはずです。

100円ショップで手帳を買ってきて、買ったことに満足して、結局使わない人もいます。私です(^_^;)

さらに私は、新しいものを買うと、使うまでに「ためらい」を感じます。

新品を汚してしまうことがハードルになってしまうのです。

でも、一度使い始めると、汚れなんか気にならなくなります。

何事も、スタートが肝心です。

手帳ももちろん、スタートが肝心です。

スタートがうまくいけば、最後のページまで使い切る確率が高くなります。

まずは、名前を書きましょう。

名前を書いておくと、もし職場や学校などで落として、知り合いの誰かが拾ってくれた時に、戻ってきます。失くしたと思った大切な手帳が戻ってくる喜びは格別です。

ただし、書いた内容をじっくり読まれていたら、いろいろ不都合なことがあるかもしれません。がんばれ(^_^;)

 

最初の予定は「2019」年1月1日

名前を書くことが、手帳を「汚す」最初の一歩となります。トリガーです。「ゼロ」を「1」に進めましょう。

魂をこめて、最初のページか最後のページに名前を書くと「この手帳は、これから1年間、自分と行動をともにする相棒なんだ」と実感が湧きます。

 さて、じゃあ、1月のスケジュールを…

その前に。

手帳の最後のページ、2019年の元日の欄に、1年後の自分が「こうなっていたい」という願望や目標を書いてみませんか。

2018年12月31日で終わっている手帳なら、最後の大みそかの欄でオッケーです。

「体重が○キロになっている」

とか

「貯金が○円になっている」

とか

「彼氏(彼女)と円満に暮らしている」

とか。なんでもいいです。

1つでも3つでも10個でも、とりあえず思いつく「なりたい自分」を書いてみます。

 

「なりたい自分」または「こうはなりたくない」

私は、今、この記事をマクドナルドで作成しているのですが。

近くに座っている高校生2人が、声高らかにクラスの他の子たちの悪口を並べ立てています。

悪口合戦というか、どちらとも相手に「わかるー」と言わせたくて悪口をエスカレートさせている感じです。

「Aちゃんてさあ、Bちゃんがいるところでは仲よさそうにしてるけど、Bちゃんがいないところではボロクソ悪口言ってるよね。まじむりなんだけどー」

オマエらも今、同じことしてるだろ(^_^;)

たぶん、この2人も、当人がいないところでは誰かに悪口を言われているのではないでしょうか。

あるいは、片方がいない時に、もう片方の悪口をさんざん言っているかもしれません。

度がすぎると最悪ですね。

そこで私は、2018年の手帳の最後のページに書きました。

「人のかげ口・悪口は〈なるべく〉言わない」

あらまあ、意志が弱い(^_^;)

〈なるべく〉ですからね。たまには毒を吐くかもしれません。

人のふり見て我がふり直せ、そして学べ、です。

 

まとめると「手帳は相棒」

名前→1年後の自分、ときたら、次は…「自分の信念」とか「生涯計画と5年後、3年後計画」…なんて高度なことをやると、元旦を迎える前に手帳ライフが挫折しかねません。

手帳の達人以外はスルーしましょうか(^_^;)

次は、普通に「直近・1月のスケジュール、年間の確定しているスケジュール」とか「大切な人の誕生日」とかを記入していきま…

 自分以外の人の誕生日がわからないことに気がつきました(^_^;)

 名前を書く。

1年後になっていたい自分の姿を書く。

自分のスケジュールを書く。

買ってきた手帳を便利に使う術はいろんな人が教えてくれますが、手帳に書く内容や、その手帳をどう生かして過ごすかは、持ち主しだいです。

スケジュールだけでなく家計簿や日記を書くもよし。

「2019年」の元日を充実した気分で迎えるために、最後の欄に目標を書いておきます。

もちろん、目標を達成できなくたって落ちこむことはありません。

そこまで手帳を使い続けた自分スゲエ!ってなるはずです。

めっちゃかっこいいです!

 

 手帳にはいくらでも書き足せ

さきほどからクラスの子の悪口を話している高校生の2人が、話題を変えました。

今度はジ☆ニーズ事務所に所属するアイドルの悪口を言いまくっています。

「○○(グループ名)の☆☆(個人名)、まじ終わってるし」

そこで、一瞬の静寂。

「うち、その子好きなんだけど。そんなひどいこと言わなくていいじゃん」

静寂。

うわー。

最低です。

口は災いの元、耳は学びの元、とはこの事です。

私は2018年手帳の最後のページを開きました。

1月1日の欄に記入します。

「ジャ☆ーズの悪口なんてもってのほか」

なんかズレてるぞ俺(^_^;)

 

さあ、楽しい手帳ライフを始めましょう!