せとさんスポーツ

新聞にありそうな話題となさそうな話題をゆる~く雑記。ドラマ「相棒」と「100均」の記事は熱く攻めますよん。

コメダ珈琲店の期間限定「ショコラノワール」が美味しくて幸せな時間を過ごしてきた!

疲れたな〜と感じたら、頑張った自分にご褒美をあげましょうか。

甘いものなんてステキですね。

コメダ珈琲店はいかがでしょうか。

12月11日から期間限定で発売されているメニュー「ショコラノワール」を食べてきました!

f:id:setosan1015:20171212205753j:image

名古屋といえば

 株式会社コメダの本社は愛知県名古屋市にあります。

この記事を製作している2017年12月12日現在、コメダ珈琲公式サイトの店舗検索画面に「名古屋市」と入力すると、777店舗中127店舗がヒットしました。

名古屋では「当たり前にある」のがコメダ。私も名古屋に行くと「当たり前」に、足が勝手にコメダに向いています。

しかーし。

関東では、店舗数が少ないせいか「コメダ?知らない」という人もいます。

私が住んでいる「横浜市」で検索したら、9件の表示にとどまりました。

パンと玉子がサービスで

 コメダの魅力はいくつもあります。

その中でも素晴らしいのが「朝」。

コメダでは、開店から朝11時までのモーニング時間帯に、好きなドリンクを注文すると「さくふわトースト」が無料でついてきます。

さくふわトーストも「定番ゆで玉子付き」「手作りたまごペースト付き」「名古屋名物おぐらあん付き」の3コースから選べます。

パンとおぐらあんの組み合わせは名古屋が発祥のコメダらしいメニューです。

ドリンクにパンプラスアルファがサービスでついてくるのですから、太っ腹ですね。

なお、私はなかなか午前中にコメダに行く機会がありません。あのゆで玉子を食べたい(^_^;)

ドリンク類が充実

 コメダ「珈琲」店というくらいですから、こだわりはコーヒーです。もちろん豆はオリジナルブレンド。

しかし、私はコーヒーが苦手なため、コメダのコーヒーを注文したことがありません。

ブレンドコーヒー(420円)を看板として、カフェオーレ、アメリカンコーヒー、スペシャルコーヒー、シナモンウィーン、ウインナーコーヒーなどなど、メニューが豊富です。

9枚綴で3200円のコーヒーチケットは、コーヒーだけでなく紅茶やミルク、ジュースなどにも使えて、1冊あたり最大720円おトクになります。

コーヒーチケットは使えませんが、コメダのドリンクといえば、ブーツ型のグラスにたっぷり入ったクリームソーダ500円も有名です。

私は断然、クリームソーダ派です。

1番人気はシロノワール

コーヒーやパンだけでなく、コメダはスイーツメニューにもチカラが入っています。

その中でも人気ナンバーワンが、コメダ名物「シロノワール」です。

温かいデニッシュ生地の上に冷たいソフトクリームが載っていて、甘いメープルシロップをかけて食べるという、甘党には至福の時間です。

量が多いので、何人かで1つを注文してシェアする食べ方もあります。ミニシロノワール(400円)もあります。

しかし、甘党ならやっぱりオリジナル「シロノワール」(600円)を、ペロッと平らげられるのではないでしょうか。ちょうどお腹いっぱいになる、絶妙な量です。

小倉ノワールのサンドの仕方が

 2017年12月12日現在、シロノワールの他に、季節限定の「小倉ノワール」と期間限定の「ショコラノワール」が発売されています。

季節限定の「小倉ノワール」は、ほかほかの自家製デニッシュパンに、北海道産の小豆を炊いたコメダ特製小倉あんがサンドされている商品。

f:id:setosan1015:20171212205930j:image

デニッシュとデニッシュの間に小倉あん挟まれている写真を見て「なるほど、小倉あんにはこういう使い方もあったのか!」とびっくりしました。

ソフトクリームには甘酸っぱいイチゴとイチゴソースが添えられています。小倉ノワールは730円、ミニ小倉ノワールは500円です。

ショコラノワールの食べ方

 今回は12月11日から発売された「ショコラノワール」を注文しました。

シロノワールに、たっぷりチョコレートソースがかかった、甘党にはたまらないスイーツです。

コメダのノワール系を初めて食べる時に「これは、どうやって食べればいいんだ?」と悩んでしまう人がいるかもしれません。

どうやって食べても、おいしくいただければオッケーです。

ただ、効率的な食べ方は、デニッシュ生地の「横切り」にあります。

ノワール系は、あらかじめ縦にカットされています。

とりわけやすいし、食べやすい工夫ですね。

デニッシュ生地が2層になっているので、縦の切れ目のところから横に切れ目を入れて、上のデニッシュ生地だけをすくい取ります。

f:id:setosan1015:20171212205852j:image

こうすると、きれいな形でもりわけられます。

ソフトクリームは、自然に下の生地に浸透していきます。

では実食してみましょう。

うまい!

月並みな言葉で申し訳ありません。

うまくないものにはうまくないとしっかり記述するのがこのサイトですが、うまい!

コメダのノワール系の特長は、デニッシュ生地に甘さがないことです。

温かいデニッシュに、上からソフトクリームが溶け込んでくることで、お互いの良さを引き出しあって、一つの世界を作りあげます。

パイのように生地がポロポロこぼれる心配もないし、食事がお皿の上だけで解決するので、手もテーブルも汚さないで済む安心感。

デニッシュ、ソフトクリーム、チョコレートソースの三角関係を、微妙に揺さぶるイチゴとイチゴソース。

温かいうちにさくっと食べ終わってしまいました。

だいぶお腹がふくれました。

というか、甘党じゃなければ1皿はきついですかね。

そんな人のためのミニショコラノワールが500円。ショコラノワールは720円です。

コメダは街のリビングルーム

 ショコラノワールの甘く幸福な時間に、疲労が吹き飛びました。

「街のリビングルーム」といわれる落ち着いた店内で食べるショコラノワール。

お近くにコメダがあれば、ぜひ食べてみてください。

 

 

ということは。

俺、今、疲れてるんだなー。

食べてから改めて実感。

今度はしょっぱい物を食べたくなるという食欲ループ。

みそかつサンド、おいしそう。

おっと(^_^;)