せとさんスポーツ

新聞にありそうな話題となさそうな話題をゆる~く雑記。ドラマ「相棒」と「100均」の記事は熱く攻めますよん。

プレミアムチョコレートフラッペを食べながらマックカフェを9年前と比較してみた

この記事では「マックカフェ バイ バリスタ」の「プレミアムチョコレートフラッペ」を楽しんできた感想などを記述しています。

f:id:setosan1015:20171216172832j:image

マックカフェ バイ バリスタ

マクドナルドに、店舗限定でリッチな「マックカフェ バイ バリスタ」というブランドがあるのを、ご存知でしょうか。

この記事を作成している2017年12月16日現在、マクドナルドの公式サイトで、私が住んでいる「神奈川県」を指定して店舗検索をかけると、221件が見つかります。

「マックカフェ」限定に絞ると、16号相模原店、1号線戸塚平戸店、大和つきみ野店、あざみ野ガーデンズ店、環状4号笠間店の5件のみのヒットです。

「東京都」で検索すると6件。六本木ヒルズ店、南砂町店、1号線池上店、立川立飛店、恵比寿駅前店、練馬田柄店です。

駅前店舗もありますが、多くが駅から徒歩圏内ではない、大きな道路沿いにあります。ドライブスルーが併設されているお店の数も多いようです。

2008年の迷走?

 「マックカフェ」は2012年に現在の業務形態に落ち着きました。

それまでは紆余曲折。

私は2008年12月に私が投稿した記事。

内容は「マクドナルドのプレミアムローストトコーヒーSサイズが120円。マックカフェのカフェドリップホットコーヒーSサイズは180円。そのコーヒーに違いはあるのか?」というものでした。

マクドナルドのコーヒーがおいしくなったのなら、マックカフェの存在意義っていったい…という記事です。

まあ、飲んでみた感想として、あまり違いは感じなかったわけですが(^_^;)

マクドナルドの上の方の人も、マックとマックカフェをどう区分けしたらよいのか、まだ整理がついていなかったのかもしれません。

あの時期の迷走を黒歴史に閉じこめて(?)マックカフェは成長を遂げました。

バリスタクルーが作ってくれる

現在、マックカフェには独自のトレーニングを受けたバリスタクルーがいて、マックカフェオリジナルメニューを提供してくれます。

ホットコーヒーの種類も豊富です。

カフェラテ、カプチーノ、フラットホワイトのSサイズが250円。Mサイズは290円。カフェモカ、キャラメルラテ、オレンジフレーバーラテのSサイズが300円、Mサイズは340円。コーヒーだけでなく、紅茶、フラッペ、スムージー、ケーキ、焼き菓子など、「ティータイム」を意識した品が揃っている印象です。

12月6日から発売されている期間限定のフラッペを食べるため、9年ぶりにマックカフェに行ってみました。

6日発売の「プレミアムチョコレートフラッペ」(500円)と「プレミアムラズベリーチョコレートフラッペ」(550円)は2018年1月中旬まで発売予定ということですが、店内の案内表示ではプレミアムラズベリーチョコレートフラッペは「完売しました」というお知らせが。

想定以上に大人気なのかもしれませんね。もう食べられないのか、一時的な完売なのか、私が行ったお店だけ完売していたのか、など詳細は不明です。

玄関あけたら2つのマック

 お店の外観は普通のマクドナルドです。

しかし、お店に入るとビビります。

レジコーナーが2つあるのです。

f:id:setosan1015:20171216202340j:image

(↑手前が「マックカフェ バイ バリスタ」で奥が「マクドナルド」)

一つは通常のマクドナルドのレジ。もう一つはマックカフェバイバリスタのレジです。

そういえば、9年前…

同じ形態のお店で、「120円vs180円問題」を解決するため、まずマクドナルドでプレミアムローストコーヒーを注文し、数分の時間を置いてから、マックカフェでカフェドリップホットコーヒーを注文しました。

なぜ注文に数分の時差があったかというと、店員のお姉さんに「こいつ、短時間に別のコーヒーを頼んで、飲み較べに来やがったな?」と洞察されるのが怖かったからです。ビビりです。

f:id:setosan1015:20171216201928j:image

(↑2008年のブログ用に撮影した画像。左がプレミアムローストコーヒー、右がカフェドリップホットコーヒー)

話を2017年に戻しましょう。

バリスタさん大活躍

 マックカフェのレジで会計を済ませると、バリスタさんが目の前でフラッペを作ってくれます。

 私はマクドナルドのほうのメニューを見てお腹がすいてしまい、マクドナルドのレジでチキンクリスプを注文しました。

お店が混んでくると、マックカフェのバリスタさんがマクドナルドのレジに来てお手伝いをしていました。

マックカフェのバリスタさんは、基本はマクドナルドの店員さんであると実感するテキパキさです。

プレミアムチョコレートフラッペとチキンクリスプのコンビ、合計600円。

f:id:setosan1015:20171216201623j:image

レタスとチョコ味のフラッペを同時に口にするという意味不明感です。しかし普段からマックシェイクやチョコレートサンデーなどで同じことをしていることに気がつきました。

フラッペのチョコはややビター

フラッペのチョコレートの味は、ややビターです。

ストローは先の部分がスプーンになっています。夏祭りのかき氷屋さんなどでよく見かける形状です。

ストローで下の液状部分を吸い上げます。

のどごしの清涼感が素晴らしいです。

しばらく楽しんで、体が冷えてくるのを感じてきたら、上のホイップ部分をスプーンですくったり、一気にかき混ぜたりして、違う味わいを楽しみます。

2枚添えられている板チョコを大切に最後までとっておくと、あとで宝物にありつけたような気持ちを得られますよ。

なお、同時に食べたチキンクリスプは温かくてフラッペによる体の冷えを止めてくれるし、フラッペの甘さが絡まってチキンのピリ辛が消えるという、甘党にとっては相乗効果が発揮されました。

チョコ2枚を食べてゴチソウサマ

スターバックスのバニラクリームフラペチーノ&カスタマイズの破壊力に慣れている私には、あの「激甘さ」にはやや及ばないかなという感じもするけれど、それは私が超甘党だからでしょう。ビターチョコだからね。

あなたも「マックカフェ バイ バリスタ」で、通常のお店とは違うマクドナルドを楽しんでみてください!(^o^)/

ああ、期間限定のザッハトルテとレギュラーメニューのチョコレートタルトも食べてチョコまみれになりたい。

財布と相談して、

残念!(^_^;)