せとさんスポーツ

新聞にありそうな話題となさそうな話題をゆる~く雑記。ドラマ「相棒」と「100均」の記事は熱く攻めますよん。

【相棒6-11.12「ついている女」「狙われた女」感想】女性相棒のハードボイルド傑作!

この記事ではドラマ【相棒season6】の超感動2話連続作品「ついている女」と「狙われた女」の素晴らしさを記述しています。

脱獄事件に巻きこまれ

ペア。コンビ。パートナー。

ドラマ【相棒】でのペアといえば、警視庁特命係の杉下右京警部(水谷豊さん)とその相棒が思い浮かびます。

亀山薫(寺脇康文さん)、神戸尊(及川光博さん)、甲斐享(成宮寛貴さん)、冠城亘(反町隆史さん)。

ファンの間では、伊丹刑事と芹沢刑事のペアも人気があります。

そんな「男社会」の【相棒】シリーズで、女性2人が「相棒」としてストーリーの主人公になった回があります。

2008年1月16日と23日の2話連続で放送された「ついている女」と「狙われた女」です。

f:id:setosan1015:20171225225644j:image

(画像引用・テレビ朝日、東映) 

刑務所を脱獄した吉井春麗(よしいしゅんれい=MEGUMIさん)と、そこに巻き込まれた月本幸子(鈴木杏樹さん)。いろんな悪い奴に命を狙われながら、2人で立ち向かいつつ右京さんたちの助けを信じる2人の物語。【相棒】史上最高のハードボイルド作品に仕上がっています。

月本幸子と吉井春麗

月本幸子さんといえば、現在は右京さん行きつけの「花の里」の女将さん。

その過去には、殺人未遂事件で右京さんに逮捕された履歴があります。

右京さんのアドバイスを胸に焼き付けた彼女は、女子刑務所で模範囚として刑期を過ごしていました。

しかし、吉井春麗の脱獄事件に巻き込まれてしまいます。

春麗によると、台湾マフィアの父親が自分を助けに来てくれたのだとか。父親の部下らしき男たちと逃げる春麗。

ところが部下らしき男たちは春麗やその父親とは関係がなく、彼らが狙っていたのは、幸子さんのほうでした。

数年前、幸子さんに殺されかけたヤクザの男が、春麗の脱獄に幸子さんを巻き込ませたと装って、幸子さんを刑務所の外におびき出したようです。

命の危険にさらされながら、必死に逃げる2人。

本音をぶつけ合ううちに深いキズナで結ばれていきます。

一方、ヤクザの男には、さらに上の「ゴッド」なる司令塔がいるようです。

果たして、右京さんたちは幸子さんと春麗を救出することができるのか??

前半のあらすじは、こんな感じでしょうか。

この作品は、泣けます。

すごいです。

キャストもさることながら、古沢良太さんの脚本、池頼広さんの音楽、和泉聖治さんの監督。

絶妙なチームワークです。

【相棒】では2話連続作品が1シーズンに1度くらいありますが「ついている女」を見てから1週間後の「狙われた女」を待つ間のドキドキ感がたまりませんでした。あれは心臓に悪いです(^_^;)

DVDなどでは2話が同じ巻に収録されています。約1時間半があっという間に過ぎてしまいますよ。

予告編のセリフで泣ける

 この回は、幸子さんや春麗、右京さんらのセリフがかっこよすぎて、記憶に粘りつきます。

予告編での幸子さんのセリフ。

「ある人に言われたの。逃げずに、立ち向かうことでしか、幸せを手に入れることはできない、って」

ある人とは、2年前の「season4・ついてない女」で幸子さんを逮捕した右京さんです。

あの時、海外に逃亡しようとする幸子さんを、右京さんが真剣に向き合って止めてくれたからこそ、幸子さんの更生があります。

予告編を見ただけで泣けてきてしまうのが「ついている女」です。

「警察に命狙われてます」

あと5年以上の刑期が残っている25歳の春麗が吐き捨てる「気が遠くなる!青春は台無しよ!」。

脱獄に巻き込まれた34歳の幸子さんが説得する「逃げ回るより、正々堂々と生きるほうが素晴らしい」。

自分の父親がなかなか現れなくて不安げになる春麗の表情。

犯人の裏の裏を読む右京さんの推理。

幸子さんの拳銃の構え方。あれはホンモノのスナイパーです(^_^;)

このシーンがホントにかっこよくて。

「狙われた女」での幸子さんの決死のアクションシーンは、何度見ても泣けます。

夜の港に幸子さんと春麗が身を隠しているシーン。

チンピラから奪った拳銃を手に、春麗が幸子さんに語りかける「優等生のお姫様、これを持ったときのあんたの目、ヤバかったね」。これもかっこいい。

「あたしはいらない人間なの!」と叫ぶ春麗。

幸子さんは「ある人に言われたの。どんなに不本意であっても、きっと明日はいいことがある」。

これも右京さんから発されたセリフです。影響されまくりな幸子さん。素直で素晴らしいじゃありませんか。

逃げて、逃げて、逃げまくる幸子さんと春麗ですが、犯人に見つかって、追いつめられます。

わずかなスキを見て、右京さんに電話でSOSする幸子さん。

「警察に、命、狙われてます!」

すごいです。警察に命を狙われてしまう女性2人。

「私は、あなたと一緒にいる」

喘息の発作がひどくなる春麗。自分を置いて一人で逃げろと。

f:id:setosan1015:20171226002323j:image

(画像引用・テレビ朝日・東映)

幸子さんの「私はあなたと一緒にいる…」で、見ていて涙腺が崩壊しました。

【相棒】は出演者もスタッフも男性が多いので、女性の心の動きが丁寧に描かれている回に出会うと印象に残ります。

中でもこの回は、鈴木杏樹さん&MEGUMIさんの相棒がハマりすぎていて、幸子さんだけでなく吉井春麗がでてくる続編はないものかと、いつまでも期待しています。

右京さんのマジギレは、…

 ただし、このドラマはあくまでも右京さんとその相棒が事件を解決する刑事モノです。

今回は、犯人のあまりの卑劣さに、右京さんが最後にマジギレします。

ネット上では「右京さんの心に残る名言集」的なまとめサイトがいくつもあります。

「狙われた女」のラストのマジギレセリフは、この記事では伏せておきます。

本編を見て驚がくしてください。

泣きます。

この作品、何度でも泣けます。

何度見ても、泣けます。

今の幸子さんにあんな裏の顔があるんだ、だから右京さんと幸子さんは今、素敵な関係なんだな、と思います。

右京さんと幸子さん、お似合いのカップルですよねえ。

幸子さんを2代目女将さんに呼んだということは、右京さんは、女性の心に疎いという唯一の弱点も、じつは目くらましなのかも知れませんね!