せとさんスポーツ

新聞にありそうな話題となさそうな話題をゆる~く雑記。ドラマ「相棒」と「100均」の記事は熱く攻めますよん。

相棒16陣川公平警部補ロンドンから復帰!初登場【相棒3-6「第三の男」】を振り返る

1月10日放送の【相棒16第11話「ダメージグッズ」】で「特命係・第三の男」こと陣川公平警部補が復帰!

原田龍二さん演じる陣川くんが登場する回は「安定のコメディ回」として楽しまれています。

f:id:setosan1015:20180110004204j:image

尾行に気づかれてしまうが相手の女性が可愛すぎて惚れてしまう陣川警部補。その失態に激怒する亀山薫(画像引用・テレビ朝日、東映)

三枚目の原田龍二もかっこいい

事件に関連する女性にすぐに惚れてしまい、「あの人が犯人なわけがない」と右京さんに相談するも、スタンドプレーで迷走した挙句、物語の終わりにはいつも失恋で終わる…

毎回の意外な展開や真犯人などは【相棒】らしく芯が太くて、そこに陣川くんのキャラがかぶさってくるから、そりゃあもう楽しくないわけがない。

しかし、前回の登場となった【相棒14第12話「陣川という名の犬」】では、恋心を抱いた女性を殺した犯人にナイフで復讐しようとして、右京さんに寸前で止められる失態。いつもの陣川回とは違う、後味の悪い最後となってしまいました。

「もしかしたら、あの回で陣川くんの本格的な登場は最後なんじゃないか」と不安する声が上がっていたほど。

どうやら2年間のイギリス・スコットランドヤードでの研修を終えて、日本の警視庁に帰ってき(てくれ)た様子です。

《そして陣川警部補が帰ってきた!その感想は↓の記事で》

【相棒16第11話「ダメージグッズ」感想】もし親友の命と自己保身の二者択一を迫られたら。 - せとさんスポーツ

次回予告に右京さんのセリフがない!

この記事では、陣川警部補の初登場となった【相棒season3第6話「第三の男」】の感想を述べながら、陣川公平とはどういう人物なのか、復習してみます。

【相棒season3第6話「第三の男」】は、2004年12月1日に放送されました。

【相棒3】は、第1話から第3話が、内閣官房長官を筆頭にした永田町のドス黒い面をあぶり出した3話連続の「双頭の悪魔」。第4話と第5話が前後編の「女優」。

重いテーマの話が続いていました。

第5話が終了して、次回予告が流れると、急に明るくなります。

「おはようございます!陣川です!本日付けでこの特命係に異動になりました!」

元気よく挨拶して一礼すると、抱えていた段ボールから備品がガラガラガッシャーンと落ちるベタ展開。

30秒近くある次回予告で、右京さんのセリフが一切出てこない事態に「これはコメディ回になるぞ」とワクワクさせられました。

捜査一課の一係で経理を担当し、簿記一級の資格を持つ陣川くんは「電卓を持たせたら右に出る者はいない」と言われるほど。

しかし、陣川くんのあこがれは「事件捜査」。

陣川くんは自宅に指名手配犯のポスターを貼りつくして彼らの顔を覚えています。

これがアダとなってしまい、一般市民を2度も誤認逮捕してしまいました。

これで特命係に島流し。そうとは知らずに、陣川くんは思いっきり捜査ができると張り切って、警視庁の陸の孤島にやって来たのでした。

「花の里」では「左遷だったのかよ〜」と酔っ払ってくだを巻き、亀山くんを「カメさん」呼ばわりする始末。

容疑者に惚れてしまう

陣川くんは、隣のマンションの部屋に、指名手配犯とよく似た女が住んでいることに気がつきました。

今度こそ手柄をつかめるかもしれない。特命係の2人に協力を要請すると、亀山くんは取り合いませんでしたが、右京さんは「どうせヒマなのですから」。3人で陣川くんの部屋へ。交代で女の部屋を監視します。

監視されている千葉ハル子は専門学校に通っていて、夜は居酒屋でアルバイトをしています。

ハル子役の遠藤久美子さんが、めちゃくちゃかわいい!これは陣川くんじゃなくても惚れます。

亀山くんと陣川くんが居酒屋に入り、彼女の指紋を採取するために、わざとペットの写真を落とすと、拾ってくれたハル子と話が盛り上がってしまう陣川くん。

ハル子の帰り道を尾行する亀山くんと陣川くん。陣川くんは、ハル子に見つかり、近くに住んでいることがバレてしまいます。

陣川くんの失態の連続に、怒りが爆発しそうな亀山くん。

だんだんとハル子に心を奪われていく陣川くん。

2人を眺めつつ、じっと動きを待つ右京さん。

亀山薫より階級が上

亀山くんは巡査部長で、陣川くんの階級はその1つ上の警部補。しかし年齢は亀山くんのほうが上。角田課長が言うには警察は階級社会。

亀山くんが陣川くんに「警部補どの」とイヤミで声をかけるシーンには、伊丹さんが神戸くんをそう呼んでいたのを思い出します。

f:id:setosan1015:20180110004329j:image

(画像引用・テレビ朝日、東映)

陣川くんの捜査でのミスの連発にはコブシを我慢する亀山くんですが「花の里」に行けば隣に座って楽しくお酒。それを微笑ましく見つめる右京さんとたまきさん。

陣川くんのキャラが浮いてしまわないのは、彼が根は正直で優しい奴だと受け入れて接する周囲の人々の温かさがあるから。

陣川公平というユニークなキャラクターを生み出すことで、右京さんたち、とくに亀山くんの深さが引き出されました。

このあたりは脚本の砂本量さんのワザでしょうか。

【相棒】は社会派にも切り込むけれど、その次の回でガラッと変わってコメディーをやってしまう自由さが魅力です。

シリーズに1度、出番があるかないかなのに、陣川警部補の人気が高いのは、視聴者の「純粋に安心して楽しめる作品をもっと多くみたい」という欲求なのかもしれませんね。

おなじみ失恋パターンの元祖

陣川くんが千葉ハル子に惚れていることを察知した亀山くんが右京さんに相談する頃には、陣川くんはスタンドプレーに出てしまっていました。

ハル子が、強盗犯ではなく、別の事件の殺人犯なのではないかという推測が立ち、自分で確かめずにはいられなくなってしまって。

彼女を守りたい。

しかし、犯罪者なら厳しく取り締まらなければならない。

我を失った陣川くんは、ついにハル子の家に侵入してしまいました。やっちまったな。

そして、背後からスパナで殴られてしまう…。

右京さんと亀山くんが助けに来た時には、陣川くんはハル子の部屋のクローゼットでジタバタしておりました。

犯人じゃなかった千葉ハル子。

警察署で、陣川くんに怒りをぶつけます。

「私のこと疑ってたんですか?殺人犯だと思って見張ってたんですか?ひどい!」

うなだれる陣川。

やさしくフォローする亀山くん。

「そうじゃありませんよ。陣川さんは、あなたに危害が及ばないよう、見守っていたんです」

笑顔が戻るハル子。

陣川くんに春が、…

ここでハル子のカレシが登場。

陣川公平警部補、【相棒】史上最初の失恋です。

それでも、念願の刑事の仕事に燃えようと張り切る陣川くん。しかし捜査一課の一係で結婚退職者が出たため、元の職場に戻されてしまうのでした。

神戸&陣川ペアを見てみたい

この「第三の男」を最初として、何度も登場している陣川警部補。そのダメダメさに、特命係は彼のためにあるのではないかと毎回思わされてしまいます。

私は「もし右京さんが卒業しても【相棒】は続いてほしいなあ」と願っています。

真っ先に浮かんでくる特命係の相棒は、神戸くんと陣川くんです。

右京さん、神戸くんと3人で行動する陣川くんのかっこよさをよく思い出します。

神戸くんを「そんくん」と呼ぶ陣川くんと、陣川くんとやりづらそうな神戸くん。

失恋キャラの陣川くんと、女性にモテモテの神戸くん。

及川光博・原田龍二のイケメンペアで織りなす新しい【相棒】があったら楽しいなあ、なんて。ひがむ大河内監察官。ごめんなさい脱線しました。

ロンドン帰りで成長しているか?

 【相棒14】の「陣川という名の犬」で、惚れた女性を殺した男に復讐しようとする陣川くんを必死に止めた右京さん。

そこには、3代目相棒であるカイトくんによる犯罪の暴走を止められなかった深い後悔がにじみ出ていました。

取り押さえられて、取調室でも正気を失っている陣川くんに、右京さんは「目を覚ましなさい!」と一喝しました。

それでも錯乱している陣川くんに、今度は顔を近づけて「元の君に戻るんです」と。

私には、右京さんの「陣川くん、君にはまだ【相棒】にいてほしい。君をここで退場させたりはしない」という意地を感じました。

彼がまた《相棒ワールド》に戻ってきてくれたことの嬉しさ。

さあ2008年1月10日放送の【相棒16第12話「ダメージグッズ」】は、どんな話かな?

帰ってきた陣川警部補回の感想記事はこちら

www.setosan.net

 

↓こちらの記事もどうぞ↓

www.setosan.net

www.setosan.net