せとさんスポーツ

新聞にありそうな話題となさそうな話題をゆる~く雑記。ドラマ「相棒」と「100均」の記事は熱く攻めますよん。

横浜藤棚商店街「小ざさほん田」おにぎりとおはぎがおいしい手づくりのお店があった!

おいしいおにぎりを食べたい!

おいしいおはぎを食べたい!

そんな2つのぜいたくな食欲を満たしてくれるお店が、横浜市西区にあります。藤棚商店街の、行列ができる小さなお店「小ざさほん田」です。

相鉄線西横浜駅から

相鉄線を西横浜駅で降りて国道1号線を渡り、水道道(すいどうみち)と呼ばれる道路を歩いて、藤棚商店街へ。交差点で藤棚交番の右側に曲がり、少し歩くと左側に見えてくるのが、「小ざさほん田」(小ざさ本田)です。

大きな看板は無く、注意して見ていないと通り過ぎてしまうほど、小さなお店。

景気の影響でシャッターが降りたままの店が増えた商店街で、行列ができるほどの人気店です。

f:id:setosan1015:20180112131047j:image

(この日は5人待ちで買えました)

お店のいたるところに「おはぎ」「おはぎ」「おはぎ」と書かれた紙が貼られていることから、このお店のイチオシがおはぎであることがわかります。

といっても、和生菓子の専門店というわけでもありません。

ショーケースを覗いてみると、左半分にはおはぎを始め、お団子や大福などの和生菓子が、右半分には、さけやたらこなどが包まれたおにぎりが、それぞれ並んでいます。

どちらもお店の手作り。

私はこのお店で、おにぎりも和菓子もよく買います。その中でも、おにぎりは「さけ」、和菓子は「おはぎ」です。

f:id:setosan1015:20180112131955j:image

 おにぎりの「さけ」が150円。

「おはぎ」は160円です。

買ってから歩いて家に帰るまで「今日もこのおにぎりとおはぎをたべられるんだあ」というワクワク感がとまりません。

おにぎり「さけ」150円

家に着くと、さっそく包みを開いて、まずはおにぎりのほうから食べます。

f:id:setosan1015:20180112132240j:image

半分に割ると、ごはんもさけもぎっしり。

のりはほどよくしっとりな手触り。まずは香りを楽しみます。

おにぎりを持ち上げると、結構な重厚感があります。スーパーやコンビニで売られているおにぎりに慣れてしまっている手に、しばらくぶりの手づくり感をなじませます。

さあ食べて見ましょう。

大きくて具がぎっしり

さけがしょっぱい。このしょっぱさがたまらない!超絶妙な塩梅です。

かみしめるほどに味が出る、のりとごはんとさけの三重奏は、やみつきになります。

はるか昔、お侍さんの時代に、田舎道の脇に腰掛けてこのおにぎりを頬張っていた子どもの頃…そんな前世の記憶がよみがえるような、懐かしい味です。って懐かしすぎますか。

それにしても、うまいおにぎりの決定版!

食べ始めから食べ終わりまで、粒の大きいさけが詰まっていて、あまりの塩気に卒倒して天国に旅立たてそうな幸福感に包まれます。

1個で充分、お腹いっぱいになります。

 「おはぎ」160円

次はおはぎです。

見た目だけでも、ごろっとした粒あんの存在感に「これ絶対においしいおはぎだわー」と思わされます。

f:id:setosan1015:20180112133658j:image

半分に割ると、中から白く美しいもち米が登場します。

さあ、食べて見ましょう。

さけのおにぎりとはガラッと変わって、こちらは甘さぎっしり。

もち米は引っ張ると糸を引くほどよい粘り強さです。

粒あんともち米を同時に口に入れると、その甘いおいしさが、脳裏に不思議な想像を呼び覚ましました。

晴れた日の公園で、すべり台で遊ぶ子供を下から見守っているような。

娘のピアノの発表会で、客席から落ち着いて我が子を応援しているお母さんのような。

男子3人で林の中の秘密基地に行って語り合っているような。

宇宙のどこかにある誰も知らない街を旅行しているような。

体験したことのあるような、ないような、さまざな光景がぐるぐると浮かんできます。

そのどれもが、やさしい笑顔に満ちあふれています。

そんな弾力のあるおはぎなんです。冷たい食感なのに、温かい。

手づくり和生菓子の決定版!

うまい!

がんばれ藤棚商店街

おにぎりで天国に、おはぎで宇宙のどこかに旅行した気分になってきました。

310円でできる異世界トリップです。

食べた後には満足して、お昼寝したくなってしまいます。

その夢の中で、異世界旅行が続きます。

ほかにも大福や草もち、やきだんごやあんだんご、いなりにかんぴょう巻き、たらこや明太子のおにぎりなど、おいしい、あるいはおいしそうなメニューばかりです。

朝10時開店。不定休ですが、2018年の1月はお正月と木曜日がお休みです。

メニューがなくなりしだい、その日は閉店となります。

横浜で、手作りのおいしいおにぎりとおはぎを食べるなら、このお店!

かつての活気が嘘のように、人通りが少なくなり、シャッター街になりかけている藤棚商店街で、唯一といっても良いくらい、行列ができるお店が「小ざさほん田」です。

こういうお店が少しでも増えて、商店街に人が戻ってきたらいいなあと思います。

 

f:id:setosan1015:20180112140137j:image

西横浜駅から徒歩約10分。

最高のお昼を買いに行ってみよう!(^。^)