せとさんスポーツ

新聞にありそうな話題となさそうな話題をゆる~く雑記。ドラマ「相棒」と「100均」の記事は熱く攻めますよん。

【相棒300回SP】片山雛子復活!右京さんと神戸くんの仲を引き裂いた?6年前を振り返る

片山雛子が瀬戸内さんのお寺で尼僧に??

2000年6月にスタートしたドラマ【相棒】が、2018年1月31日の放送で「300回」を迎えます。

1月24日と31日の【相棒16・第13話、第14話】は「300回スペシャル」として、前後編のスペシャル版で放送。前編が299話、後編が300話目です。

《関連記事》

【相棒16第13話「いわんや悪人をや前編」感想】視聴者みんなで相棒の魅力を分かち合えた300回SP! - せとさんスポーツ

前編の299話目で、津川雅彦さん演じる瀬戸内米蔵、木村佳乃さん演じる片山雛子(かたやまひなこ)、高橋惠子さん演じる尼僧の蓮妙が再登場しました。

瀬戸内元法務大臣は4年ぶり。片山雛子元衆議院議員は2年ぶり。蓮妙は約13年ぶりです。

議員を辞職した片山雛子は、瀬戸内さんに弟子入りを志願しました。

【相棒】史上最強の悪魔とも言える彼女だけに、素直に「悔い改める」だけのお寺入りとは思えません。その本意はどこにあるのでしょうか。

《関連記事》

1/24&31【相棒300回SP】で片山雛子が復活!右京さんがケンカを売られた14年前! - せとさんスポーツ

この記事では、片山雛子が右京さんとその2代目相棒・神戸尊の仲を引き裂いたと捉えることもできる2012年3月21日放送の【相棒10最終話「罪と罰」】を振り返ります。

【相棒10最終話「罪と罰」】

茜の旦那・貴明と息子・瑠偉は、釣り船の転覆事故により亡くなりました。

茜の母親は、バイオテクノロジー研究所でクローンの研究をしている郁子です。茜は、母親に頼みました。

「ママは人間も作れるのよね?貴明と瑠偉を作ってよ」と。

f:id:setosan1015:20180102022519j:plain

ムリだと諭す母親の話を、茜は聞き入れませんでした。2人を作るのが無理なら、貴明か瑠偉のどちらかを。どちらも赤ちゃんとして生まれるのなら、瑠偉を。瑠偉のクローンを、瑠偉の弟として育てるのだと。

郁子は瑠偉の体細胞を採取して、禁断のクローン人間作りに踏み込みました。その結果、茜のお腹の中で、瑠偉のクローンが育ち始めました。

首相補佐官・片山雛子

茜の兄・隼斗は、本気で神の門を叩こうとしていました。母と妹がしたことを許せません。

「ヒトに関するクローン技術等の規制に関する法律 第三条」に違反する行為であるとして、告発しました。

これに敏感に反応したのが、この時、衆議院議員で首相補佐官の地位にいた片山雛子です。

彼女は隼人が送った書状をビリビリに破いて、表情を微動だにせず隼斗に言い放ちます。

「ここに書いてあるような事実は無かった。そういうことにしたいの。この事実が明るみに出ることは好ましくありません。騒いでも誰も得をしません」と。

首相補佐官に口封じをされた隼斗は、広い公園の中央で、政府がクローン人間の誕生を隠すつもりであると、声を張り上げました。

公園を通りかかった特命係の右京さんと神戸くんは、隼斗の演説を聴いてみました。

その後、隼斗は殺されました。

神戸くんを悩ませる

この事件で、神戸くんは片山雛子に呼ばれて、右京さんには知らせずに首相官邸を訪れています。

雛子の頼みは「杉下さんを止めていただけませんか?」というものでした。杉下右京は、常に真実を求めている。だから止まらない。雛子は「無理を承知で」と重ねます。

「考えてみてください。クローンの事実が公になった場合、生まれてくる子は幸せになれると思いますか?幸せどころか、普通に暮らしていけると思いますか?私たちの社会が、クローン人間を何事もなかったかのように迎え入れると思いますか?」

神戸くんは黙り込んでしまいました。

クローン人間の誕生は、法律で禁止されています。

右京さんは「人は犯した罪を法で裁かれなければならない」強い信念を持っています。

ということは、クローン規制法を破った郁子を、右京さんが告発しないわけがありません。

片山雛子から右京さんを止めるように頼まれていた神戸くんは、悩んで悩んで悩み抜いた末、自分の意志で右京さんと対決することを決めます。

「クローンだという事実を知らなければ、生まれてくるのは我々と何ら変わりのない人間の赤ん坊です。しかし我々が事実を知ってしまった瞬間、その赤ん坊は怪物にしか見えなくなる」

「だから、博士の犯罪に目をつぶれと?」

「ダメですか?」

「ぼくは、そういうことができない性質なんですよ」

ある日突然別れが訪れた

【season7最終回】で、神戸くんは、警察庁から杉下右京の観察を命じられて特命係に派遣される形で登場します。神戸くんに対して、右京さんは、最初は心を開きません。「君は亀山くんの代わりにはなれません」

【season8】に入っても、右京さんは神戸くんに他人行儀な接し方をしていますが、事件の真相究明を重ねることで、少しずつ神戸くんを信頼するようになりました。

やがて「神戸くんが右京さんを殴る」「ニセ殺人犯の右京さんを神戸くんが逮捕する」などの小芝居をしながら真犯人逮捕につなげるようになるなど、お互いの信頼度が揺るぎないものになります。

【相棒】は「右京さんの明晰な推理と亀山薫の成長の物語」から「共同作業で社会の闇をあぶり出しながら、右京さんと神戸くんが相棒としてキズナを深める物語」へと移行していきました。

正義と道理の絶妙なバランスで信頼を築いた二人が、それぞれの観点から正義と道理を通した結果、別々の道を歩まなければならなくなってしまったのが、神戸くんの最終話でした。

「X DAY」でも神戸くんを利用する

二人の相棒生活は終わりました。お互いの信頼関係は揺らがないまま。

伊丹刑事が主役となった劇場版【相棒シリーズ 「X DAY」】では、警察庁に戻った神戸くんが、再び片山雛子に呼び出されるシーンがあります。

片山雛子が提案した「改正通信傍受法」に、警察庁も参加してほしいという頼み。

この件で、神戸くんは、休暇をイギリスで過ごしている右京さんに久々に連絡を入れることになるのですが…

神戸くん、いつの間にやら、片山雛子にいいように使われてしまっています(^_^;)

もし「罪と罰」で片山雛子が神戸くんに「杉下さんを止めてほしい」と頼まれていなかったら、神戸くんはクローン人間の誕生をめぐる事件に、どんな結論を出したのでしょうか。

もし片山雛子がいなかったら…

及川光博さんが「卒業」する回として有名な「罪と罰」は、片山雛子の立場の強さを強調する回ともなりました。

特命係に外から脅威を

正義の杉下右京と悪魔の片山雛子。【相棒】の歴史で最強の対立軸となっている2人。

【相棒14「英雄」】で衆議院議員を辞職し、もう出てこないんじゃないかと心配されていた「ひなちゃん」が、300回記念スペシャルで復活しました。

24日放送の「いわんや悪人をや(前編)」では、これまでのロングヘアからショートカットに変身して、悪の香りを若干薄れさせた彼女。しかし片山雛子がこのままで終わるはずがありません。

警察内部のゴタゴタが増えてきた【相棒】シリーズで、特命係に「外」から脅威を与えることができるとしたら、片山雛子しかあり得ません。

《関連記事》

1/24&31【相棒300回SP】で片山雛子が復活!「劇場版1」で見せた史上最高のしたたかさ! - せとさんスポーツ

悪魔は悪魔であるほど、美しい。

今後の【相棒】の分水嶺となる「300回スペシャル」後編の放送は2018年1月31日です。

その後の【相棒】について考えるのは、2月に入ってからにしましょうか。

ただし、ひとつだけ。

いつか「神戸尊」が片山雛子をやり返す話があることを、ひたすら願っているのです!