せとさんスポーツ

新聞にありそうな話題となさそうな話題をゆる~く雑記。ドラマ「相棒」と「100均」の記事は熱く攻めますよん。

【相棒16第14話「いわんや悪人をや後編」感想】もしバイト感覚で人を殺し始めたら。《300回SP》

2000年6月にスタートしたドラマ【相棒】が、2018年1月31日の放送で「300回」を迎えました。20世紀から続いている、すごすぎる番組です。

1月24日と31日の【相棒16・第13話、第14話】は「300回スペシャル」として、前後編のスペシャル版で放送されました。前編が299話、後編が300話目です。タイトルは「いわんや悪人をや」。

《前編の感想はこちら》

【相棒16第13話「いわんや悪人をや前編」感想】視聴者みんなで相棒の魅力を分かち合えた300回SP! - せとさんスポーツ

300回SPには、津川雅彦さん演じる瀬戸内米蔵、木村佳乃さん演じる片山雛子、高橋惠子さん演じる尼僧の蓮妙が再登場しました。

瀬戸内元法務大臣は4年ぶり。片山雛子元衆議院議員は2年ぶり。蓮妙は約13年ぶりです。

24日に放送された前編では、ゲストキャラクターの復活とともに、回想シーンで初代相棒の亀山薫や小野田官房長が映し出されて【相棒】ファンに感動の嵐を呼びました。 

しかしこれは誘い水。

31日放送の後編では、仲間由紀恵さんが演じる警視庁広報課の社美彌子が主人公の1人となり、その心情の移ろいが丁寧に描写されました。

ボランティア精神が仇に?

常盤臣吾(ときわしんご)は、高校を途中で退学し、海外放浪の生活をしていました。日本では過去にボランティア活動が豊富な、正義感あふれる青年です。

しかし、ロシアと対立するトルジスタンという国で、彼はアルバイト感覚で、傭兵として殺し合いに参加してしまいました。

殺し合いは、命の重みへの感覚を奪います。

f:id:setosan1015:20180106191824j:plain

スパイとして日本に帰国した臣吾は、ロシア人のスパイを殺す任務を任されていました。その相手の名は、ヤロポロク・アレンスキー。

ヤロポロクには、マリアという娘がいて、マリアの父親は、警視庁広報課の社美彌子(やしろみやこ)である…。

親鸞聖人と歎異抄

前後編スペシャルのタイトルである「いわんや悪人をや」は、仏教の本である「歎異抄(たんいしょう)」に記されています。「歎異抄」は親鸞(しんらん)聖人が説いたお言葉が書かれています。

《善人なおもって往生を遂ぐ。いわんや悪人をや》。「善人でさえ幸せになれる。まして、悪人はなおさら幸せになれる」。えええっ!

お言葉には続きがあります。

《しかるを世の人つねにいわく「悪人なお往生す。いかにいわんや善人をや」》。「しかし常識では善人はなおさら幸せになれる」。うん、まあ、そうだよな。しかし、悪人も幸せになれる。のかしら?

今回のタイトルの「いわんや悪人をや」とは、どうやらもう1人の主人公である常盤臣吾という「悪人」に当てはまるテーマであると思われます。

戦争状態にある地域で、人を殺し合う。人を殺す感覚がマヒする。日本では、容赦無く人を殺す人間は、殺人鬼と呼ばれます。

感情の迷路に迷い込んだ青年。

日本に戻っても、ヤロポロクを殺害する件については、何のためらいもなく。

しかし、もうひとりの人間を殺したところで、彼にようやく罪の意識が芽生えました。

すぐ近くに殺人鬼が?

前編は、回想を含めて過去の重要キャストの復活が相次ぎ「すげえ!」と衝撃を与えられました。

後編は、すぐ近くにいる人がじつは殺人鬼かもしれないよ、他人の心はわからないもんだよね、と迫られて、戦慄を感じました。

どんなに相手を信じても、自分じゃない人の心は、わかりません。

たとえば親子関係。たとえば恋愛。あるいは学校のクラスメイトとの信頼関係。パワーバランス。

疑おうと思えば、何もかもが疑わしくなってきます。どこまでも疑り深くなると人間不信になってしまうから、人はどこかで区切りをつけて、他人を信じる心を持ちます。そうやって、秩序を保ち支え合っている。

しかし、支え合うという前提が、あっけなく崩れてしまうこともあります。

ボランティア活動に励んでいた青年が、いつのまにか人を殺すことにためらいがなくなっているような。

考えて行動しても、どうにもならないことがあります。

理性と感情の間で揺れる

常盤臣吾によって心に大きなダメージを与えられたのが、社美彌子です。

彼女はかつて、保身のために「娘は乱暴されてできた子供」と公言したことがあります。

実際は。本心では。

社美彌子は、娘の父親であるヤロポロクにどんな感情を抱いていたのでしょうか。

「いるのでしょうか」ではなく「いたのでしょうか」と過去形になってしまうのが、せつないところです。

彼女はしばし理性を失い、感情のままにヤロポロクの居場所をさがしますが、見つかりません。

ヤロポロクはとうの昔に殺人鬼に殺されていました。

その殺人鬼が、彼女の美しさに夢中になってしまって。

社美彌子は、真相を知って、暗い部屋に入り誰も見ていないところで号泣しました。

すぐに部屋を出て、何もなかったような無表情で警視庁の廊下を歩いていきました。

感情と理性のスイッチを切り替えた瞬間でした。

いわんや善人をや

いわんや悪人をや。

疑り深い視聴者の私は、取調室で社美彌子に平手打ちされた犯人の心情に幸福を見てしまいました。

自分がとりつかれた相手による一撃です。満足してしまったかもしれません。

それでも彼が直前に語った「罪の意識」を信じたい。

瀬戸内さんによると、臣吾が罪に問われるのは坊谷一樹殺害の一件だけ。ヤロポロク殺害については闇に葬られそうです。

心を取り戻した人間は、極刑ではなく、生きて罪を償うことになるのでしょう。

一度、悪人と思われる存在になってしまっても、また戻ることができます。

いわんや善人をや。

人は善く生きることで、悪人よりも幸福を送ることができます。

前編、後編を通じて、右京さんは犯人に対してとくに声を荒げることもなく、間違いを強く説き伏せることもほぼせずに、他の刑事に任せていました。語るまでもなし。

右京さんは真実を暴き、犯人は真実を暴かれた。それまで。

視聴者を裏切る相棒の本領

そして、さらなる「悪人」の復活。

299回目でショートカット姿で【相棒】に再登場した片山雛子が、300回目では、本格的に寺に入り、坊主になりました。

片山雛子にとっては、瀬戸内さんへの弟子入りは政治界復帰の足がかりです。早くも次の選挙への出馬を宣言しました。

「悪名は無名に勝る。何も立たないよりはずっとマシ。悪口すらうれしい」さすがです。

この前後編では表立って「悪いこと」はしていないにも関わらず、右京さんから「目的達成のために瀬戸内さんに弟子入りされたことに、いずれ後悔なさるかもしれませんよ」と釘を刺されました。

杉下右京と片山雛子という【相棒】史上最大の対立軸が、300回スペシャルで再点火したことで、一気に緊張感が増してきました。

ただし、今後の事よりも、まずは今回の放送をじっくり振り返り、大切なことは何なのか考えます。

主人公は、社美彌子と常盤臣吾です。

前編がお祭り状態だったこともあり、後編にさらなるお祭りを期待してしまったのは、勇み足。

私には【相棒】は人生の教科書です。しかし、300回スペシャルの前編を見たら「今回ぐらいは考えるよりも素直に楽しんでいいんじゃね?」と軽い気持ちになりました。

足元をすくわれました。

この距離感がたまらない。

ちょっとだけマゾヒスティックな感覚。社美彌子に平手打ちを食らって幸福を感じるような。

いや、話が逸れた。

次回の放送までに「いわんや悪人をや」が出題してくれた問題の解答を、じっくり考えます!