せとさんスポーツ

新聞にありそうな話題となさそうな話題をゆる~く雑記。ドラマ「相棒」と「100均」の記事は熱く攻めますよん。

【瀬戸うどん】おいしいうどんメニュー3選。ジャンボかき揚げもおすすめ!

寒い季節には温かいうどんが合いますね!みんな大好き「瀬戸うどん」の定番メニューから、私が好きなものを「3選」で紹介します。

 関東・東海等で19店舗

うどんはお腹にやさしい食べ物です。胃腸がちょっと弱っている時に、適した食べ物が「おかゆ、うどん、食パン」で、注意したほうがよいのが「炒飯、お茶漬け、菓子パン、中華麺類、スパゲティ、日本そば」なのだそうです。

なんだか、うどんが食べたくなってきましたね。

「はなまるうどん」や「丸亀製麺」など、おいしいうどんチェーン店がたくさんあります。埼玉県といえば「山田うどん」とかね。

私が好きなのは「瀬戸うどん」です。瀬戸うどんは「すき家」や「なか卯」、「はま寿司」などでおなじみのゼンショーグループのお店です。

讃岐うどんがメインです。

2018年2月現在、関東・東海地区を中心に19店が展開されています。いちばん多いのが神奈川県の5店。東京には3店あります。

温かいうどん、冷たいうどんはもちろん、カツ丼や天丼、まぐろたたき丼などの丼ものメニューもあります。季節限定のものもあります。

北海道産の小麦と瀬戸内海の塩を使用した麺はのどごし抜群。つゆは昆布とかつお節ベース。揚げたての天ぷらの「サクッ」とした食感もたまりません。

(1)ぶっかけうどん(温)とジャンボかき揚げ

おすすめメニューの最初は「ぶっかけうどん(温)とジャンボかき揚げ」です。ぶっかけうどんは並が300円、大盛が400円。ジャンボかき揚げは130円です。(値段は税込)

f:id:setosan1015:20180208192351j:image

一般的な「しょっぱい」感じのつゆよりは、甘みがあります。濃厚。奥深さ。コク。徐々につゆがうどんに染み込みます。

天かすとネギはセルフコーナーで好きなだけ盛れます。盛りすぎ注意。

ジャンボかき揚げは、本当に大きい!

天ぷら用のお皿に1つ載せたら、もう満員札止め状態です。ナス天やちくわの磯辺揚げなど気になるメニューがわんさか並んでいますが、ここは心を鬼にしてジャンボかき揚げだけをチョイス。

テーブルには「だし醤油」と「だしソース」があって、私はかき揚げにだし醤油を少量かけて食べるのが好みです。

(2)とろ玉ぶっかけうどん(温) 

続いて「とろ玉ぶっかけうどん(温)」。

f:id:setosan1015:20180208231242j:image

重いものを食べたくないなー、と感じる時に注文するメニューです。とろっとしたイモと、半熟の卵、そしてうどんの組み合わせがヘルシーですね。どこで卵にお箸をいれてつゆに溶かすか、迷ってしまいます。甘さが引き立つ一品です。油っこくないので、食後もすっきり。

並が430円。大盛が530円です。

(3)かけうどん

 3つ目に紹介するのが、瀬戸うどんの最安値うどんメニューの「かけうどん」です。並が280円。大盛が380円。

f:id:setosan1015:20180208193608j:image

ぶっかけうどんのつゆが「濃厚甘め」なら、こちらは「あっさりしょっぱめ」です。スルスルと食べられます。

他の人の注文を見ていると、かけうどんをチョイスする人が結構多いのです。

かけうどんと天ぷらの組み合わせとかね。イカ天やナス天、かぼちゃ天などと絶妙のマッチングを楽しめますよ。

男子がかけうどんの並だけだと、ちょっと量が少なく感じます。

そんな時には「かけうどん・ミニ天丼セット」や「かけうどん・ミニまぐろたたき丼セット」が良いかもしれません。

レギュラーメニューは

【かけうどん】

かけうどん(温)並280円、大盛380円

鳴門わかめうどん(温)並380円、大盛480円。

牛玉うどん(温)並590円、大盛690円。

【ぶっかけうどん】

ぶっかけうどん(温)(冷)並300円、大盛400円。

とろ玉ぶっかけうどん(温)(冷)並430円、大盛530円。

【釜揚げうどん】

釜揚げうどん(温)並300円、大盛400円。

かま玉うどん(温)並360円、大盛460円。

【カレーうどん】

カレーうどん(温)並450円、大盛550円。

【丼】

天丼=並510円、大盛610円

カツ丼=並510円、大盛610円

まぐろたたき丼=並510円、大盛610円

ミニ天丼=250円

ミニまぐろたたき丼=300円

【セット】

かけうどん。ミニ天丼セット=並530円、大盛630円

かけうどん・ミニまぐろたたきセット=並580円、大盛680円

ぶっかけうどん・ミニ天丼セット=並530円、大盛630円

ぶっかけうどん・ミニまぐろたたき丼セット=並580円、大盛680円

天丼セット(小うどん付)=630円

カツ丼セット(小うどん付)=680円

まぐろたたき丼セット(小うどん付)=680円

【その他】

おにぎり各種、てんぷら各種、お子様セット、トッピング

【朝食】(一部店舗のみ)

かき揚げうどん=並250円、大盛350円

たまごとじうどん=並250円、大盛350円

牛肉うどん=並350円、大盛450円

カレー朝食=330円

玉子かけごはん朝食=並300円、ごはん大盛=330円

納豆朝食=並350円、ごはん大盛=380円

牛肉朝食=並390円、ごはん大盛=420円

(2018年2月8日現在、税込)

仕事帰りの女性客やカップルも

瀬戸うどんはお店の中が落ち着いています。ささっとうどんを食べに来たビジネスマン系の人が、ふとのんびりしてしまう居心地の良さがあります。

女性のひとり客や女性同士、あるいはカップルのお客さんもよく見かけます。誰でも入りやすい、親しみのあるお店です。さすがゼンショーグループ。

 2018年2月現在の店舗・季節限定メニューには鴨の肉がたっぷり載った「鴨ねぎうどん」や「大判豚角煮うどん」、「濃厚明太バターうどん」などかあります。どこかのハンバーガーチェーン店のフレーバーポテトのような名前のメニューに、ポカーンとしてしまいますね。私は辛いものがダメなので注文したことはありません。写真を見ると、うどんがピンク色に化けています。

寒い季節に温かいうどんを食べるとほっとする。暑い季節に冷たいうどんを食べると生き返った気がする。

うどんは四季を通じて私たちに幸せを与えてくれます。

店舗数は少ないですが、もし見かけたら、食べに行ってみてください。

おいしいよ!