せとさんスポーツ

新聞にありそうな話題となさそうな話題をゆる~く雑記。ドラマ「相棒」と「100均」の記事は熱く攻めますよん。

【100均キャンドゥ】の「あの雑記帳ノート」と「あのボールペン」の相性が抜群!

この記事では100円ショップ「キャンドゥ」で販売されている私の一押しノート「雑記帳・NOTE BOOK」と、このノートにぴったりなペンを紹介します。

 f:id:setosan1015:20180401130740j:image

 文房具は100円ショップで

文房具。世の中にはたくさんの種類のものがあります。「ノート」の種類って、どのくらいあるのでしょうか。わかりませんね。

100円ショップにも文房具はたくさんありますし、ノートも豊富に揃っています。

みんな大好きな水色かピンクの「あのノート」もあれば、100円ショップオリジナルのものもあります。

100均ユーザーに今、大人気なのが「セリア」の「368ノート」。368ページあるノートです。1年の日数より多いので、日記帳として利用している人が増えています。100円で368ページというすごすぎ感!ただし、重い(^_^;)

「ダイソー」では、ページ数が多いノートがオリジナルブランドで販売されています。その中でも私がよく買うのはリングノート。文庫本サイズです。ただし、最後のページまでたどり着く前にいつもリングを壊して、紙がバラバラになってしまいます。私の使い方が良くないのでしょうか(^_^;)

キャンドゥ【雑記帳・NOTE BOOK】

私のノートライフのストレスを解消してくれたのは「キャンドゥ」にある「雑記帳・NOTE BOOK」です。発売元は薦田紙工業株式会社です。

「ビジネスやプライベートなど様々な場面での簡易メモや予定の覚え書きに最適です。」とうたい文句が記述されています。

ページ数は80枚、160ページ。A罫26行です。

このノートが優れているのは、表紙が塩化ビニル樹脂なこと。

紙が表紙のノートって、20枚、30枚と使っていくうちにヨレヨレになってしまうことが多いじゃないですか。私の使い方が良くないだけかもけれども(^_^;)

このノートならそんな心配はありません。160ページ最後まで使っても、表紙がしっかりしているので、破れたりちぎれたりすることがありません。

「雑記帳・NOTE BOOK」はめちゃくちゃおススメです。

スイムゲルインクボールペン

ノートは良いものを選べたけれど、ノートに記述するペンの相性が合わないと、新しいストレスが発生します。

そこで。

「雑記帳・NOTE BOOK」に合うペンはどれなのか、いろんなペンで試してみました。

その結果は…

f:id:setosan1015:20180401131301j:image

やはり「キャンドゥ」にある「スイムゲルインクボールペン」です。0.5mmボールです。

2本入りです。1本50円です。使いたい色に合わせて「黒2本」や「黒と赤」「赤2本」などに分けてくれているのも嬉しい演出ですね。(ただし最近は赤のペンを見かけません)

何しろ握りやすい。サラサラ書けます。ゲルインクだから、黒い文字がハッキリ書けて、あとで見直す時に読みやすいのです。耐水性、耐光性、保存性にすぐれている「水性顔料インク」を使用。マジでおススメです。

自分に合う文房具でストレスフリー!

 ビジネスや雑記だけでなく日記に学校の勉強ノートなど、何にでも使えるのがノートです。だからこそ自分に合ったストレスフリーなものを見つけたら筆記が捗ります。もちろん合う合わないの個人差はあるので注意してください。

キャンドゥで販売されている「雑記帳・NOTE BOOK」と「スイムゲルインクボールペン」の組み合わせをぜひ楽しんでみてください。どちらも店においては置いてないレア商品なので、気をつけて!

《関連記事》

www.setosan.net