せとさんスポーツ

新聞にありそうな話題となさそうな話題をゆる~く雑記。ドラマ「相棒」と「100均」の記事は熱く攻めますよん。

【相棒17第8話「微笑みの研究」感想】もし自分がエンパスだったら。金井寛脚本が描く「葛藤」の魅力

この記事では、2018年12月5日に放送されたテレビドラマ【相棒17第8話「微笑みの研究」】の感想などを記述しています。

呪い殺された?

今回は、認知科学研究者たちの心の闇に潜む「微笑み」が事件の真相のカギを握る、心理的ホラーともいえる作品になりました。

今回の脚本担当は、金井寛さん。素晴らしかった!

まずは、ストーリーを振り返ってみます。

認知科学研究の権威である宇佐美という大学教授が心臓麻痺で死亡。一部の学生は「呪い殺されたんじゃないか」とSNSで騒ぎました。

事件に興味を持った右京さん(水谷豊さん)は、冠城くん(反町隆史さん)と共に捜査を開始します。

呪い殺した張本人と噂されているのは、半年前に転籍してきた川村里美(佐津川愛美さん)という助教です。里美は、教授が死亡する前日に「死ね」とつぶやいていたり、人を呪い殺せると公言している霊能力者と会ったりしていました。

右京さんたちが、同じ研究室の准教授である高野鞠子(冨樫真さん)、猪瀬啓吾(オクイシュージさん)、そして里美の3人に同時に事情聴取したところ、冠城くんの「事件性はない」という説明に、里美だけが密かに微笑みを浮かべました。

大学の農学部から、劇薬のアズリチンが盗まれていた事実が判明。宇佐美教授はどうやら毒殺されたようです。

里美が殺したのか?  しかし、里美には完ぺきなアリバイがあることが判明します。

教授を殺した犯人は誰なのか。里美が浮かべた微笑みは、何だったのか…

本当に呪い殺せるかも

「呪いによる殺人」といえば【相棒15-1「守護神」が思い出されます。

「守護神」では「人を呪い殺した」という女が警視庁に出頭してきました。真相は、女は祖母に「おまえは人を呪い殺す能力がある」と暗示をかけられて信じこんでいて、自分が呪った相手を、実際に手にかけて殺して、呪い殺したと信じてしまっていたのです。殺害時は心神喪失の状態だったと思われますが、この女は留置所の中で自殺してしまったため、後味の悪さが残る事件となりました。

輿水泰弘さんが脚本を担当した「守護神」で、人を呪い殺すことは不可能であるという結論が導かれてから2年が経過して、金井寛さんが再び「呪い殺し」の話題を蒸し返してきたわけです。

最初は「このテーマ、またやるの?」なんて思っていましたが、見ているうちに「もしかして、呪い殺すことって本当にできるんじゃないだろうか…」と考え始めてしまいました。

物語の冒頭で、右京さんが「呪い殺し」について「科学的根拠を発見できていないだけかもしれません」と語っていました。「微笑みの研究」は、金井さんが、呪い殺しについての科学的根拠を導くアプローチとして描いた物語なのかもしれません。

微笑みの真相

今回の事件の真相には、川村里美が持つ「エンパス」という能力が大きく関与していました。

エンパスは、非常に高い共感能力を持つ人のことを指します。他人の気持ちを自分のことのように共感します。

共感能力が高すぎて、気疲れし、精神が病んでしまうこともあるようです。

里美は、自分のすぐ近くにいる人物が、宇佐美教授を殺したいほど憎悪していることに気がついて、その共感から逃れられずにいました。

殺せたらすべてが終わると信じて、宇佐美を死に追いやる方法を実践しました。

教授が死んだ後に冠城くんから「事件性はない」と聞いて、心からの安堵の笑みを浮かべてしまったようです。

一方で「事件性はない」という説明を聞いて、心の中で微笑みを浮かべた人物もいたようです。真犯人です。自分が手をかけたことはバレないと確信したのでしょう。

犯人がわかって、里美の微笑みの意味も明らかになって、終わりかなと思ったら、さらにどんでん返しがありました。

もう一人、内心で微笑みを浮かべていた人物がいたのです。

エンパスを強い憎悪のそばに置いたらどうなるか。

人が人を操り、人を殺す…

研究者が実施した禁断の実験。

右京さんは怒りに震えました。

「人は決して実験用マウスではありません。そんなことも知らないあなたに、研究者を名乗る資格はありませんよ!」

金井寛脚本が描く葛藤

金井寛さんは【相棒】シリーズで、葛藤にまみれた人々を描く名作を編み出し続けています。

【相棒12-17「ヒーロー」】では、ビル火災の現場から女性弁護士を救出した男性が「俺はヒーローなんかじゃない」と葛藤しました。救出した女性こそ、彼が殺したいほど憎んでいた相手でした。女性弁護士のほうも、葛藤していました。自分を助けてくれたヒーローは、自分を殺したいほど憎悪している人物だから。

【相棒12-5「エントリーシート」】で被害者になってしまった就活生も、葛藤にまみれていました。留学や文化祭の実行委員などを務めたのは、すべて就職に利用するためでした。エントリーシートに記入し、面接で話すため。しかし、海外ボランティアについてだけは、話すことが出きませんでした。それが唯一、心から「純粋に」取り組んだ活動だったから。本来なら、純粋にとりくんだ海外ボランティアの話をするべきなのに、それができなかったのも、葛藤です。

「微笑みの研究」では、エンパスの能力を持つ里美の葛藤がクローズアップされました。

自分の能力に耐えられなくなってしまった女性が、最悪の道を選んでしまった、哀しい話。

見た人だけの秘密です

この記事は【相棒】の「感想文」ですから、読んでくれるのは「微笑みの研究」をすでに見終わった人が多いかな、と想定して書いています。見終わった人は、真犯人が誰なのか、知っています。

それでも、殺人事件の真犯人が誰なのかは、伏せて書きたくなってしまいます。金井寛さん脚本回は、いつもそうなります。感想だからネタバレしちゃっても良いはずなのに、どうしても「まだ本編を見ていない人には、見てのお楽しみ」と秘密にしたくなるのです。

葛藤が織りなす人間ドラマと、その成れの果てに起きた殺人事件の真犯人、そして最後に現れる事件の黒幕。

最悪な事件は、どこでどうすれば防げたのか。

エンパスの人への理解や共感。

人が人を操って人を殺すことが、できてしまうかもしれない恐ろしさ。

1時間弱のストーリーに見どころが凝縮されています。金井寛マジック、またまた炸裂です。

金井さん回、増えてほしいなあ。

【相棒17第8話「微笑みの研究」】

2018年12月5日放送

脚本=金井寛

監督=権野元