せとさんスポーツ

新聞にありそうな話題となさそうな話題をゆる~く雑記。ドラマ「相棒」と「100均」の記事は熱く攻めますよん。

【4/13西武-読売】台湾出身・呉念庭が決勝打![隣]で惨敗一軍の救世主に名乗り【二軍イースタンリーグ】

4月13日に西武第二球場でおこなわれた西武vs読売のプロ野球イースタンリーグ公式戦は、5-3で西武が勝利した。

隣のドーム球場で一軍戦が盛り上がる中、二軍戦を選んでくれたファンの前で、呉念庭(うー・ねんてぃん)の打撃が炸裂した!!

f:id:setosan1015:20190413175318p:image

(この日は一塁手でスタメン出場した呉念庭。画像引用=イレブンスポーツ)

試合結果は?

2019年4月13日(土)埼玉県・西武第二球場

プロ野球イースタンリーグ公式戦

埼玉西武ライオンズvs読売ジャイアンツ

読=001 000 020=3

西=050 000 00×=5

勝利投手=藤田航生

セーブ=大石達也

敗戦投手=鍬原拓也

ホームラン=山下航汰1号ソロ(3回、森脇)

スタメンは?

読売

1(9)重信慎之介

2(4)増田大輝

3(7)石川慎吾

4(D)和田恋

5(6)山本泰寛

6(2)岸田行倫

7(5)ホルヘ・マルティネス

8(3)山下航汰

9(8)村上海斗

先発投手=鍬原拓也

埼玉西武

1(5)西川愛也

2(9)戸川大輔

3(7)鈴木将平

4(D)川越誠司

5(6)山田遥楓

6(3)呉念庭

7(4)山野辺翔

8(8)高木渉

9(2)齊藤誠人

先発投手=森脇亮介

首位ジャイアンツから先制二塁打

13時に試合が始まった西武第二球場。1時間後に隣のメットライフドームで一軍戦がスタートする直前に、若獅子たちが猛攻を見せた。

2回裏、先頭打者の川越がショート後方に落ちるラッキーなヒットで出塁し、山田が四球を選んで1.2塁。

続く呉念庭が放った強い打球は左中間を襲い、ランナー2人が一気に生還して先制点を奪った。

さらに高木渉の2点タイムリーや西川の犠牲フライで、あっという間に5得点だ。

一軍の試合が隣で開催されるのに、二軍戦を選んで応援してくれるファンがいる。ファンから見たら「二軍戦を選んで良かった」と思いたい。そのためには、イースタンリーグの首位・ジャイアンツを相手に勝利することが、最高のプレゼントだ。

前日は、同じ舞台で、二軍戦がデーゲーム、一軍戦がナイターでおこなわれた。

二軍の試合は、1点差を追いかける9回裏にツーアウトから1.2塁のチャンスを作ったが、高木渉が三振を喫して負けた。

一軍は、同点のまま迎えた9回裏に、相手守備のミスがで出てサヨナラ勝ちした。

どちらも接戦の試合だったが、勝利と敗戦では天と地の差がある。

高木渉は昨日のリベンジを果たした。

もっと嬉しいのは、前日の試合では出番すら無かった呉念庭である。

「あの選手」の入団でレギュラー逃す

呉念庭は1993年6月7日生まれの25歳。台湾の台北市出身だ。父親は台湾のプロ野球選手だった。

岡山県の共生高校から鹿児島県の第一工大に進学し、西武ライオンズにはドラフト7位で入団した。

ルーキーイヤーの2016年はイースタンリーグで73試合に出場。6月度の月間MVPに選出された。

7月に一軍昇格を果たすと、ショートのレギュラー争いに加わった。

辻発彦監督が就任した2017年は、ルーキーの源田壮亮が開幕からショートの定位置を獲得。呉の出場機会は激減した。

内野ならどこでも守れて、ファンを唸らせるファインプレーを連発する一方で、ポカもある。

球団から求められているのは、守備のさらなる安定感だ。

セカンドのレギュラーだった浅村栄斗がFA移籍した今季は、呉にとって久々のチャンスである。

しかし現状、二塁手は外崎修汰で固定されている。

呉が一軍のレギュラーをつかむためには、二軍で今まで以上のインパクトを残さなければならない。

「日本球界のレジェンド」との対戦も

呉のタイムリー二塁打が勝利打点となったこの日、一軍はオリックスに10-3で敗れた。

試合結果にこだわれば、勝利を挙げた二軍を観戦に選んだファンは気持ちがいい。

ただし、二軍は勝てば良いというものでもない。

6回裏の攻撃で、先頭の川越が2本目のヒットを放つと、山田が絶妙なバントを決めてワンアウト2塁。

左バッターボックスに呉が入ると、その背後から大歓声が聴こえた。

ちょうど、メットライフドームで2回裏に栗山巧が同点タイムリーを打ったところだった。

呉は簡単に内野ゴロで倒れてしまった。

8回裏ツーアウト1塁の場面で対戦したのは、日本球界のレジェンドともいえる上原浩治。ここで打ったら「ホンモノ」と言われるところで、ファーストゴロに終わった。

二軍戦でも、まだムラがある。同じタイプの永江恭平が先に一軍に登録されており、険しい道のりか続く。

今年は山野辺翔という新たなライバルも入団した。山田遥楓や西川愛也にも負けられない。

呉には、日本のファンだけでなく、母国台湾からも大きな期待が寄せられている。台湾メディアは熱心に追いかけてくれている。

地道に一歩ずつ。

呉念庭の巻き返しに注目だ。

投手リレー

読売

鍬原拓也2回→サムエル・アダメス3回→山川和大1回→森福允彦1回→上原浩治1回

埼玉西武

森脇亮介4回→藤田航生1回→國場翼1回→小石博孝1回→松本直晃1回→大石達也1回

f:id:setosan1015:20190413175701p:image

(32歳のバースデー登板となった小石博孝は、相手打線を簡単に3人で抑えた。画像引用=イレブンスポーツ)

得点経過

2回裏西武

ノーアウト1.2塁から呉念庭が左中間へのタイムリー二塁打で2点。山野辺のヒットで1.3塁として高木渉のライトへのタイムリー二塁打で2点。齊藤誠が送りバントを決めた後、西川の犠牲フライで1点。

3回表読売

山下のライトへのホームランで1点。

f:id:setosan1015:20190413175831p:image

(嬉しいプロ入り初ホームランとなった育成選手の山下航汰。画像引用=イレブンスポーツ)

8回表読売

ワンアウトから増田大、石川が連打で2.3塁とチャンスを作り、北村の犠牲フライで1点。ツーアウト3塁となって、山本のレフト前タイムリーヒットで1点。