雑記とかドラマ【相棒】の魅力とか!

2020年はドラマ「相棒」関連の記事が中心です。

ドラマ【相棒】右京さんvs人気小説家の対決回5選!大杉漣など個性的キャラの名作ズラリ!

【相棒】はテレビ朝日系列で放送されている、21世紀を代表するテレビドラマシリーズです。


主人公は水谷豊さん演じる杉下右京警部と、その相棒。初代の亀山薫から、神戸尊、甲斐享と続いて、現在は反町隆史さんの冠城亘が4代目相棒です。たった2人の警視庁特命係が、さまざまな事件を解決に導きます。

 

300を超えるエピソードの中で今回紹介するのは、小説家が登場する回です。

 

各ストーリーに登場するベストセラー作家はハードボイルド、恋愛、ミステリなど様々。1度見れば記憶に残る個性派キャラクターばかりです。

 

右京さんたちは人気作家たちを相手にして、事件の真相を突き止めることができるのか?

 

これから紹介する5つの作品は、寺脇康文さん演じる亀山薫が相棒だった頃のストーリーです。

f:id:setosan1015:20200711002754j:image

(画像引用=テレビ朝日)

1.【相棒2第6話「殺してくれとアイツは言った」】2003年11月19日放送

【どんな話?】

小野田官房長(岸部一徳)の同級生で人気犯罪小説家の菅原英人(大杉漣)の自宅に、脅迫状と切断された人間の指が送りつけられるという事件が発生した。前日、ラジオで「誰かに命を狙われてみたい」などと不用意な発言をしたことが原因らしい。小野田からの依頼を受けた右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)は事件を担当することになる。(引用=テレビ朝日)

大杉漣さんが演じたハードボイルド作家の菅原英人がカッコよすぎて、【相棒】シリーズ初期の最高傑作として挙げる人も多い名作です。

 

『血の贖い』という犯罪小説が話題になっている菅原は、ラジオ番組で「一度でいいから、命を狙われてみたいんだ」と発言。

 

さっそく菅原の家に人間の指が放り込まれる事件が発生し、小野田官房長が右京さんと亀山くんに、菅原の身辺警護人となるように頼みます。

 

事件について菅原が「俺の小説に、切断した自分の指を愛する人に送りつけるストーカーの話がある」と語っているあたりで、菅原の過激な作風が伝わってきます。

 

サイン会や夜のクラブにも同行し、菅原を警護する右京さんたち。

 

しかし、菅原の自宅で朝食を摂っている時に、宅配された爆発物によって菅原の妻の珠江が殺されてしまいます。

 

警護を続けながら、犯人を捜す右京さんと亀山くん。果たして、2人がたどり着いた真実は…。

 

この回を視聴したら「ハードボイルド作家=大杉漣」というイメージが固定してしまうほど、大杉漣さんのハマり役です。

 

なお、鑑識課の米沢さんは菅原英人の大ファンなんだそうです。

2.【相棒5第6話「ツキナシ」】2006年11月15日放送

【どんな話?】

一級建築士事務所を経営する宮澤(松田ジロウ)が自宅で殺害され、被害者の妻とスポーツクラブを通しての知り合いだった直木賞作家・北之口秀一(川崎麻世)が容疑者として浮上した。しかし、アリバイこそないが、目撃証言など北之口を犯人とする証拠は状況証拠ばかり。自ら潔白と言う北之口は、集まった報道陣の質問に積極的に答えるなど派手なパフォーマンスを披露。(引用=テレビ朝日)

川崎麻世さんが演じる北之口秀一は、女性に大人気の作家です。『紫の園』という小説で第159回直木賞を受賞しています。(現実世界の第159回直木賞は2018年に島本理生さんが『ファーストラヴ』で受賞)

 

著書には『青葉の下で』『恋する珊瑚』『慟哭の森』などがあり、映画化された作品も多いようです。『アルタイルの呟き』の刊行記念サイン会は女性ファンで埋め尽くされていました。

 

北之口に殺人容疑がかかります。北之口にアリバイはありませんが、警察が提示するのは状況証拠ばかりで、決め手が見つかりません。

 

犯行時刻に偶然、北之口を撮影したという写真を持つ女性が現れます。これで北之口のアリバイが完璧に…。

 

さあ、どうする右京さん。

 

終盤で明らかになる真相とは…川崎麻世さんの名演で、ラストにゾクリとします。

3.【相棒6第7話「空中の楼閣」】2007年12月5日放送

【どんな話?】

美和子(鈴木砂羽)の初めての単行本を担当していた編集者の勝村(大鷹明良)が何者かに殺害された。勝村の指先が赤く汚れているが、美和子によると原稿の書き込みに赤ペンのインクが付いたのでは、という。勝村の同僚よると、勝村は人気作家の庄司タケル(村上淳)ともめていたという。庄司は勝村の胸ぐらをつかみ、「殺すぞ」とまで言ったとか。(引用=テレビ朝日)

村上淳さんが演じるベストセラー作家の庄司タケルの外見は、角田課長いわく「ちょいワルな感じ」。

 

もとはキャバクラのボーイで、夜の世界の裏側を書いたブログが人気を呼んで作家デビューしたようです。

 

庄司の代表作は『ビター・ラブ』です。本には「どんなに苦しくても、どんなに哀しくても、それでも愛さずにはいられなかった。150万部突破!人気No.1のラブストーリー」という帯文がついていました。

 

庄司は右京さんに「いまどきのバカな女どもが読みたがってる小説も手に取るようにわかるよ。まあ、これからもせいぜい稼がせてもらうよ」と言い放ちます。

 

性格悪っ!

 

でも、本当は?

 

「空中の楼閣」を思わせる都心の超高層マンションの最上階フロアを独り占めしている庄司が、今回のストーリーの末にたどり着いた心境とは??

4.【相棒6第3話「蟷螂たちの幸福」】2007年11月7日放送

【どんな話?】

人気ミステリ作家・蓬城静流(荻野目慶子)の夫・田橋(江藤潤)の遺体が発見された。遺書が残されており自殺と見られたが、拳銃に不自然な細工があったこと、クッションと百科事典が一冊現場から消えていたことなどから、右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)は他殺の可能性を探り始める。(引用=テレビ朝日)

荻野目慶子さんが演じるのはミステリ作家・蓬城静流(よもぎしずる)。『殺意の色』シリーズなどで人気があり、鑑識課の米沢さんも一時は「ヲタ」と呼ばれるほどのファンだったとか。

 

しかし静流はここ5年ほど、新刊を出していません。スランプ状態にあるようです。

 

この回は冒頭で夫が静流に銃口を向けているシーンがあります。しかし死んでいたのは夫。いったい何があったのでしょうか。

 

「蟷螂たちの幸福」の「蟷螂」は「とうろう」と読みます。「カマキリ」の漢名です。人気ミステリ作家の蓬城静流と死んだ夫は陰で「カマキリの夫婦」と呼ばれていました。

 

体の大きなカマキリのメスが、交尾の後、用済みになった小さなオスを食べてしまう…

 

妻が夫を喰い殺した?? 果たして真相は…

5.【相棒3第9話「ゴースト〜殺意のワイン」】2005年1月12日放送

【どんな話?】

ある日、右京(水谷豊)はふと立ち寄った書店で女性から広い支持を集めている女流作家・沢村映子(筒井真理子)のサイン会に巻き込まれてしまう。丁寧に説明したはずなのに、名前を右京ではなく左京と書かれてしまう。小さく溜息をついていると、映子の担当らしい編集者が何やら話している声が聞こえてくる。(引用=テレビ朝日)

筒井真理子さんが演じる沢村映子は女性から圧倒的な支持を集める作家で「恋愛小説の教祖」と呼ばれています。

 

『青春の小径』でシリウス文芸新人賞佳作を受賞し『月に一番近い部屋』でデビューしました。

 

『オリーブの朝とラベンダーの夜』『フレグランスと優しい目覚め』『ラバーズ・クラブ・オンリー』『星屑のスウィーツと明星のミルクティ』『アクアストーンの悲しい木漏れ日』『エンジェルストーリーズ フロム パリ』『イッツロンリーティアーズ』『第三の女』などの著作があります。直木賞候補にも2度挙がっています。

 

13冊目の新刊となる『愛の果てに女神が微笑む』のサイン会に、右京さんが巻き込まれました。

 

この小説を読んだ右京さんは「意外にも文学性とエンターテイメント性と併せ持つ上質な内容ですねえ」と感想を口にしています。

 

その日の夜に、沢村映子の夫が飛び降り自殺をはかったらしい…。『愛の果てに女神が微笑む』の内容は、恋人に自殺された女性の物語。何かが引っかかるということで、右京さんと亀山くんが捜査を開始します。

 

「恋愛小説の教祖」をめぐる事件の真相はいかに!?

 

筒井真理子さんのふてぶてしい演技に味わいがあります!

 

《関連記事》↓こちらもおすすめ!

【相棒】神回・名作・衝撃回おすすめ10選!初心者なら「カシオペア」から?【ドラマ】

視聴は動画配信サービスなら初回無料あり

ドラマ【相棒】の、ベストセラー小説家が登場する回を5選しました。どの作品も面白い!を演じる役者さんもハマり役でした。

 

ハードボイルド作家を大杉漣さんが演じた「殺してくれとアイツは言った」は、話も作り込まれていて、とくにオススメです。

 

【相棒】はテレビの再放送や、動画配信サービス、DVD、Blu-rayなどで視聴できます。

 

視聴したい回が決まっている場合は【TELASA】や【U-NEXT】などの動画配信サービスが便利です。初回無料サービス期間があるので、お金をかけずに【相棒】を楽しめます。

 

テレビ朝日が運営する【TELASA】は初回30日間無料でテレビシリーズ全話を視聴することができるので、おすすめです。