光る風の少年はどこへ

2020年はドラマ「相棒」関連の記事が中心です。タイトルは「相棒」のシーズン1に登場した絵画「光る風の少年」から。

ドラマ【相棒】プレシーズン3ネタバレ感想!大学病院で殺人…命の尊さを語る右京さんに注目!

【相棒】はテレビ朝日系列で放送されている、21世紀を代表するテレビドラマシリーズです。


主人公は水谷豊さん演じる杉下右京警部と、その相棒。初代の亀山薫から、神戸尊、甲斐享と続いて、現在は反町隆史さんの冠城亘が4代目相棒です。たった2人の警視庁特命係が、さまざまな事件を解決に導きます。

 

シリーズの第1作は、2000年6月3日に土曜ワイド劇場で放送された「刑事が警官を殺した? 赤いドレスの女に誘惑され…死体に残る“4-3”の謎とは?」です。まだ20世紀です。

 

第3作は、2001年11月10日に放送された「大学病院助教授墜落殺人! 日付の違う乗車券の謎と死体が語る美人外科医の秘密」です。同年1月の第2作以来となった本作では、右京さんと亀山くんの心の距離がぐっと近づきました。


亀山くんからしてみれば、右京さんは第1作ではヘマを連発する自分にイヤミを言われ続け、前作では殺人鬼の旧友をめぐって対立した上司。


しかし今回は、右京さんが犯人たちに殺されそうになる場面で必死に右京さんを捜し「俺の相棒はどこだ!」怒鳴り声をあげました。


亀山くんの口から発せられた《相棒》という言葉。大切な人。信頼できる人。


【相棒】はこの2人のコンビだからこそ面白い、この2人だから次も視聴したいという圧倒的な期待感に昇華して、いよいよ次回から連続ドラマ化に踏み切られます。

 

この記事では「相棒」シリーズ第3作目の感想などを記述しています。

 

ネタバレ要素が多めなので、未視聴の方は注意してください。

f:id:setosan1015:20200719003800j:image

(画像引用=テレビ朝日・東映)

 主な出演者・スタッフ

【pre season第3話】
「大学病院助教授墜落殺人! 日付の違う乗車券の謎と死体が語る美人外科医の秘密」

2001年11月10日放送

【出演】
杉下右京=水谷豊
亀山薫=寺脇康文
奥寺美和子=鈴木砂羽
宮部たまき=高樹沙耶
伊丹刑事=川原和久
角田課長=山西惇
山田係長=片岡弘貴
鑑識員米沢=六角精児
鴻野麻奈美=伊藤裕子
佐野昌平=東根作寿英
大谷房子=銀粉蝶
太宰謙介=中原丈雄
今井貞一=中丸新将
ちえ=永井杏

ほか

(テロップ順)
【スタッフ】
脚本=輿水泰弘
監督=和泉聖治
音楽=義野裕明
プロデューサー=松本基弘、香月純一、須藤泰司

ほか

制作=テレビ朝日、東映

どんな話?

化学薬品工場が炎上し、大混乱の帝国医大病院。そんな中、入院中の右京(水谷豊)と見舞いに来ていた薫(寺脇康文)は、助教授の今井(中丸新将)が屋上から転落するのを目撃。自殺と判断されるが、右京は今井のズボンのベルト通しがちぎれていることに気付く。女医の鴻野(伊藤裕子)らに話を聞くうちに、今井は同僚の太宰(中原丈雄)と教授の座を争っていたことが発覚する。(引用=テレビ朝日・東映)

その後どうなる?(ここから下はネタバレです)

今井は太宰が患者に安楽死処置をとった件で太宰を脅していた。

 

太宰を信奉する鴻野、佐野、看護師長の大谷房子が共謀して今井を殺害した。

 

事実を突き止めた右京さんは鴻野たちに昏睡させられ殺されそうになるが、ちえや太宰らによって命を救われた。右京さんはたまきさんから渡されていたポケベルのおかげで亀山くんに発見されて難を逃れた。

声に出して読みたい右京さんの名言

「完全犯罪なんて、この世にありませんよ」

(犯人の誤算は右京さんだったと聞いて)

 

「その太宰先生はなんとおっしゃいますかね。あなた方のその言い分を聞いて。あなた方の尊敬する太宰先生も人を殺しました。けれどもそれは、命と真摯に向き合い、悩んだ、その末の決断でした。ぼくはそう思います。あなた方の愚かしい行為は、そんな太宰先生を助けるのではなく、むしろ先生の医者としての誇りを傷つけることになりませんか? 太宰先生が、そんなことを望んでいたと思いますか? (ここから感情的になって)あなた方は、それをしっかりと考えたんですか!」

(もっともらしいことを言って自分を正当化する犯人に喝)

 

「どうか、ゆっくり考えてください。時間だけはありますよ。考える時間、そして、やり直す時間も」

(犯人の償いを促して静かに)

 

「法律上は許されることではないですね。しかしぼくは人殺しと簡単に決めつけたくない気がします」

(たまきさんに「安楽死は罪なんでしょ?」と訊かれて)

ここから感想(ネタバレ含む)

患者の命と真摯に向き合い

「先生たちが医者として、これまでに救った命と、同じ医者として今回奪った命、どう違うんですか?」


声を荒らげた亀山くんの心境は、本作のテーマの核心をつくものでした。


鴻野麻奈美は、太宰医師を尊敬していました。


太宰医師は、患者の命と真摯に向き合い、悩んだ末に安楽死の処置をとりました。


麻奈美も、患者の命と真摯に向き合う医師でした。重篤な患者に心臓マッサージで必死に延命作業をしました。マッサージの途中で、患者の妻に「もう夫を楽にさせてあげてください」と泣かれました。それでも命と向き合いましたが、患者はすぐに亡くなりました。


生かすか、死なせるか。答えの出せない苦しみ。


その、命を扱う医師が…

医師が殺人鬼になる時

麻奈美は、今井医師を殺害しました。昏睡した今井を病院の屋上に運び、転落死させました。麻奈美の動機は、失脚しそうな太宰を守るためでした。


今井は、安楽死の件で、教授選を争う太宰を脅迫していました。


太宰が処置した安楽死は、患者本人、または本人家族の同意がない状態での行為だったのでしょうか。明らかにはされていませんが、安楽死・尊厳死をめぐる議論が世界的に続く中で、太宰の医師としての苦悩と決意が伝わってきました。


その事実を知っている麻奈美。自らも患者の命と向き合い続ける麻奈美。佐野医師や大谷師長と共謀して今井を殺害した麻奈美。


彼女にとって、人の命とは何だったのでしょうか。


麻奈美たちは、真相にたどり着きかけた右京さんを眠らせて口封じに殺害しようとしました。一歩間違えれば、殺人鬼です。


殺人という行為が、のちに太宰が喜ぶどころか、太宰の医者としての誇りを傷つけるとも判断できずに。


右京さんを危機から救ったのは太宰という皮肉。

生きて罪を償う意味

右京さんによって真実を明らかにされた麻奈美は、病院の屋上から飛び降りようとしました。


ここでもまた、麻奈美が命の存在の重さについて、不安定な捉え方をしていることが示されました。

 

右京さんは麻奈美に「生きて罪を償って下さい」と諭しました。


たとえ、麻奈美が飛び降りようとしたことが衝動的な行為であっても、自分の命を殺すのは、罪の償いにはなりません。


生きて罪を償うとは、命の重さについて考え続けること。


殺人の罪による刑期が長いのは、すぐに人生をやり直すのではなく、ゆっくり考える時間が与えられたと捉えることもできます。


安楽死。治療の末の死亡。殺人。自殺。
命を慎重に扱う医師でも悩む、生きることと死ぬことの境目。

安楽死問題を右京さんは…

本作のラスト付近で、太宰医師は病院を辞めて、被告席で自らの信念を堂々と訴える決意を固めました。


安楽死は、罪…


「法律上は許されることではないですね。しかし僕は、人殺しと簡単に決めつけたくない気がします」


右京さんが述べた感想は、警察の人間のカブトを脱いだ、ひとりの人間としてのものでした。


人間の生と死に関わる安楽死には各論があります。本作ではテーマを浅すぎず深すぎず明示して、ヒントは出しても結論は述べない構成になっています。

 

【相棒】シリーズ第3作は「あなたはどう思いますか?」と視聴者に問いかける社会派作品です。見ごたえたっぷりでした。

 

《関連記事》

ドラマ【相棒】プレシーズン2ネタバレあり感想!平成の切り裂きジャック!連続殺人鬼・浅倉禄郎が怖い!

視聴は動画配信サービスなら初回無料あり

ドラマ【相棒】はテレビの再放送や、ネットの動画配信サービス、DVD、Blu-rayなどで視聴できます。
 
視聴したい回が決まっている場合は【TELASA】や【U-NEXT】などの動画配信サービスが便利です。初回無料サービス期間があるので、お金をかけずに【相棒】を楽しめます。
 
この記事で取り上げた【相棒】の第3作「プレシーズン3」については、テレビの再放送はめったに無いので、DVD、Blu-ray、または動画配信サービスの【TELASA】での視聴がおすすめです。
 
テレビ朝日が運営する動画配信サービス【TELASA】は初回30日間無料でテレビシリーズ全話を視聴することができます。

 

《関連記事》

【相棒】神回・名作・衝撃回おすすめ10選!初心者なら「カシオペア」から?【ドラマ】