雑記とかドラマ【相棒】の魅力とか!

2020年はドラマ「相棒」関連の記事が中心です。

【相棒】古沢良太さんが脚本を担当した超おすすめ回6選!恋愛ものやコメディも!

【相棒】は、テレビ朝日・東映の制作で放送されている21世紀を代表するテレビドラマシリーズです。


主人公は、水谷豊さん演じる杉下右京警部と、その相棒。初代相棒の亀山薫から、神戸尊、甲斐享と続いて、4代目は反町隆史さんが演じる冠城亘です。たった2人の警視庁特命係が難事件を解決します。

 

【相棒】には何人もの脚本家さんが参加しています。【リーガル・ハイ】や【コンフィデンスマンJP】などの名作を生み出し続ける人気脚本家の古沢良太さんも【相棒】で17本の作品を担当してきました。


この記事では、過去に放送された【相棒】のストーリーから、古沢良太さんが脚本を担当した超おすすめ回を6つ紹介します。

f:id:setosan1015:20200723173732j:image

(画像引用=テレビ朝日)

古沢良太さんてどんな人?

古沢良太(こさわ・りょうた)さんは1973年8月6日生まれ。神奈川県出身です。

 

2002年に第2回テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞を受賞してデビューしました。

 

2005年の映画【ALWAYS 三丁目の夕日】で第29回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞。日本アカデミー賞では2011年公開の【探偵はBARにいる】でも優秀脚本賞を受賞しています。

 

2008年にテレビ朝日系列で放送された【ゴンゾウ 伝説の刑事】では第27回向田邦子賞に選出されました。【ゴンゾウ 伝説の刑事】は【相棒】がお休みとなる夏季に松本基弘プロデューサーら【相棒】のスタッフによって手がけられた作品です。

 

ドラマ【リーガル・ハイ】や【コンフィデンスマンJP】など、手がける作品は大ヒットしています。

 

【相棒】には2005年10月に放送された【相棒4第2話「殺人講義」】から参加。【相棒12】までの9シーズンで17話の名作を手がけています。

 

【相棒5第11話「バベルの塔」】では日本民間放送連盟賞を獲得しました。

 

藤子不二雄の【まんが道】を読んで感動して「作る人」を目指した古沢さんは、絵が得意だったので漫画家になろうと思い、その勉強で脚本集などを読んでいたら脚本家になっていたそうです。

 

1.【相棒5元日スペシャル「バベルの塔」】2007年1月1日放送

【どんな話?】

大晦日。小野田(岸部一徳)に衆議院議員・富永のパーティーに強引に連れていかれた右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)は、富永のボディガードをやらされる羽目に。都市化再開発計画の急進派・富永は左翼過激派の梶に命を狙われていた。会場では元刑事の楓が富永の身辺を警護。右京は楓が耳の不自由な娘はるかを連れてきていることから、楓が富永と婚約したことを察知する。しかし、そんな楓の前に離婚した夫・和久井が現れた。はるかにプレゼントを渡したい、という和久井に帰れと冷たく突き放す楓。右京らはそんな小競り合いを偶然目にしてしまい…。そのはるかが何者かに誘拐され、娘の命と引き換えに富永を殺せという指令が楓のもとに届いた。犯人は過激派の梶か?一人思い悩みながらも富永殺害を決断する楓…(引用=テレビ朝日)

ゲスト=大塚寧々、遠藤章造、寺島進、杉本哲太、冨家規政、中村綾、梨本謙次郎、佐々木麻緒ほか

 

古沢さんが映画「ダイ・ハード」や「スピード」、「クラッシュ」などをモチーフにしたという、スリルあふれるパニック・エンターテインメント作品です。

 

古沢さんはこの作品で日本民間放送連盟賞を獲得しました。

 

スピーディーな展開に引き込まれて、ラストまであっという間です。

 

誘拐された娘の命か、婚約者の命かの二者択一を迫られ、婚約者殺害を決断する女…タワービルに集まった登場人物すべての思惑が絡んで一気に終盤へ。

 

右京さんの推理はもちろん、ゲスト登場人物たちの極限状況での感情の移ろいにも注目です。

2.【相棒4第19話「ついてない女」】2006年3月1日放送

【どんな話?】

「さようなら、ついてない私…」。白いコートを着て銃を構える月本幸子(鈴木杏樹)。しかし、銃口は幸子自身にではなく、暴力団の大物、向島茂(正城慎太郎)に向けられていた。夫の死後、借金と病気に苦しんだ幸子は、茂の愛人となることで生きながらえてきた。だが実は、茂こそが夫を殺害した張本人。それを知った幸子は、茂の殺害計画を周到に準備。実行後は、手配済みの偽造パスポートを国外で入手し、別人となって新しい人生を始めるつもりだ。“幸子”とは名ばかりで、幸せとは縁遠かった女を自らの手で葬るため、幸子は引き金に力を込める…。(引用=テレ朝動画)

ゲスト=鈴木杏樹、正城慎太郎ほか

 

古沢良太さんはこの作品について「杏樹さんのために書きました」と語っています。「杏樹さんと右京さんの対決をたっぷり描きたかった」と。

 

向島を撃ち、国外逃亡するために乗り込んだリムジンバスで、月本幸子は右京さんにジワジワと追い詰められていきます。

 

「杉下さん。お願いだから邪魔しないで。全部捨ててやり直すんです。私、絶対に飛行機に乗ります」

 

空港でのラストシーンと「ついてない女」が「ついているかもしれない女」になる魔法の仕掛けに号泣必至のストーリーです。

 

この回は視聴者の強烈な印象に残り大好評で、鈴木杏樹さんと月本幸子は古沢さん脚本の【相棒6・2話連続「ついている女」「狙われた女」】で再登場。【相棒10「つきすぎている女」】で「花の里」2代目女将に就任してレギュラーキャラクターとなりました。 

3.【相棒11第18話「BIRTHDAY」】2013年3月13日放送

【どんな話?】

右京(水谷豊)が「花の里」へと向かうと、店の前で自らを「家出少女」と名乗る小学校低学年くらいの女の子と出会う。右京は享(成宮寛貴)を呼び出し少女を自宅まで送ることに。少女は自宅マンション近くで降りると、いつの間にかオートロックで施錠されているマンションのエントランスの中へ。苦笑しながらマンションを出てふと見ると…。(引用=TELASA)

ゲスト=加藤清史郎、左時枝、榊英雄ほか

 

この作品を【相棒】シリーズの最高傑作に挙げる人も多い超感動作です。ゲスト主人公の少年を演じた加藤清史郎さんがとにかく凄い! 

 

12歳の誕生日を迎えた少年は、自分を育ててくれた母親に「誕生日、ありがとう」と手紙を書き、逆プレゼントを作ります。しかし、手渡す前に指名手配犯の逃走に巻き込まれてしまい…。


指名手配犯から懸命に逃げる少年、少年の無事を祈る母親、極悪人になりきれない指名手配犯、彼らを追う右京さんとカイトくん…

 

さまざまな思惑が交錯しながら迎えるラストは号泣必至です。

 4.【相棒7第15話「密愛」】2009年2月18日放送

【どんな話?】

大学時代の恩師・悦子(岸惠子)に呼ばれ、彼女の山荘へとやってきた右京(水谷豊)。借金取りに追われ離れの小屋にかくまっていた榊(国広富之)が自殺したため、その身元を調べて欲しいと悦子から依頼されたからだ。しかし、右京は榊の死因は自殺ではなく他殺ではないかと言い始める。遺体を発見したとき小屋は密室状態だったのでそんなことはあり得ないという悦子に、自らの推理を語り始める右京。本当に殺されたのか? ならばその犯人は誰なのか!?(引用=テレビ朝日)

ゲスト=岸惠子、国広富之

 

【相棒】では異色の濃密なラブストーリー。「この回がいちばん好き」という視聴者がたくさんいます。

 

古沢さんはヒロインの岸惠子さんのファンで、岸さんへのラブレターのつもりでプロットを書いたとか。

 

この回は亀山くんが卒業してから神戸くんが登場するまでの間の、特命係に右京さんひとりだけの時代の話です。

 

主要キャストは水谷豊さん、岸惠子さん、国広富之さんのみ。右京さん以外のレギュラーは全員お休みです。伊丹刑事も鑑識の米沢さんも出てきません。【相棒】でしかできない刑事ドラマの常識破りです。

 

右京さんの推理もキレッキレですが、この事件がなぜ起きたのか、動機となる愛の軌跡に魂を揺さぶられます!

 

古沢さんは【相棒12第18話「待ちぼうけ」】でもオトナのラブストーリーを描いています。 

5.【相棒4第8話「監禁」】2005年11月30日放送

【どんな話?】

「無断欠勤とは、不届きですねぇ」。お昼過ぎ、亀山薫(寺脇康文)の出勤表を見つめながら、杉下右京(水谷豊)がつぶやく。薫は今朝から警視庁に姿を見せていない。携帯電話もつながらないままだ。そこへ、右京を訪ね女子中学生の2人組がやってくる。前日、あるジャーナル誌に載った『警視庁・特命係に“和製シャーロック・ホームズ”がいる』という投書を読んで、取材を申し込んできたのだ。(引用=テレビ朝日)

ゲスト=佐藤江梨子、酒井敏也ほか

 

社会派の問題提起作が多い【相棒】シリーズでは異色のコミカル回が「監禁」です。

 

特命係の部屋で右京さんが中学生の取材を受けている頃、亀山くんは見知らぬ女性に拉致監禁されて、椅子に縛りつけられて身動きが取れなくなっています。

 

この女性を佐藤江梨子さん、女性と一緒にいるナヨナヨした男性を酒井敏也さんが好演しています。

 

女は警視庁特命係の「和製シャーロック・ホームズ」の力を使って金庫の鍵を開けようとしているようですが、間違えて右京さんではなく亀山くんを連れてきてしまった模様。

 

亀山くんは脱出できるのか、右京さんの救いの手は間に合うのか。

 

コミカルなストーリーに笑いながらスリルも感じられます。そして最後に次々と決まる伏線回収。

 

見終わって文句なしに「楽しかった!」と思える作品です。

6.【相棒8第18話「右京、風邪をひく」】2010年3月3日放送

【どんな話?】

山中で初老の男性の他殺体が発見され、捜索願が出されていたことから被害者は西島と判明。右京が風邪をひいていることを知った伊丹ら捜査一課は、捜査を邪魔されなくて済む、と嬉々として捜査を始める。(引用=U-NEXT)

ゲスト=東風万智子、滝直希ほか

 

見終わった途端に「相棒すげえ!」と鳥肌が立つ、シリーズ史上最強と語り継がれるコメディー系の神回です。

 

前半で伏線がばら撒かれて、見事に回収されていく流れは爽快。

 

伊丹刑事は自分が殺人事件の犯人を逮捕して早期解決させたと鼻高々に振舞っています。その裏では右京さんと神戸くんの丹念な捜査によって犯人があぶりだされていた、という話です。

 

小学生の女の子は風邪で部屋から出られません。そんな少女が、殺人事件の被害者である老人と交流があった?  

 

老人の遺留品にあった手袋の謎が解明された瞬間に、ゾワッときます。 

 

コメディ要素もありながら人間の孤独について深く考えさせられる内容になっています。

 

何度でも視聴したい名作です!

古沢良太さんの脚本担当回はこちら

1.【相棒4第2話「殺人講義」】

2.【相棒4第8話「監禁」】

3.【相棒4第10話「殺人生中継」】

4.【相棒4第16話「天才の系譜」】

5.【相棒4第19話「ついてない女」】

6.【相棒5第2話「スウィートホーム」】

7.【相棒5第7話「剣聖」】

8.【相棒5第11話「バベルの塔」】

9.【相棒5第16話「イエスタデイ」】

10.【相棒6第11話「ついている女」】

11.【相棒6第12話「狙われた女」】

12.【相棒7第15話「密愛」】

13.【相棒8第18話「右京、風邪を引く」】

14.【相棒9第10話「聖戦」】

15.【相棒10第12話「つきすぎている女」】

16.【相棒11第18話「BIRTHDAY」】

17.【相棒12第18話「待ちぼうけ」】

視聴は動画配信サービスなら初回無料あり

【相棒】での古沢良太さんの脚本は、スリルあふれるノンストップエンターテインメント、ラブストーリーやコメディーなど、ジャンルにとらわれない名作ばかりです。

 

【相棒】はテレビの再放送や、ネットの動画配信サービス、DVD、Blu-rayなどで視聴できます。 


視聴したい回が決まっている場合は【TELASA】や【U-NEXT】などの動画配信サービスが便利です。初回無料サービス期間があるので、お金をかけずに【相棒】を楽しめます。

 

《関連記事》

【相棒】神回・名作・衝撃回おすすめ10選!初心者なら「カシオペア」から?【ドラマ】


テレビ朝日が運営する動画配信サービス【TELASA】は初回30日間無料でテレビシリーズ全話を視聴することができます。