雑記とかドラマ【相棒】の魅力とか!

2020年はドラマ「相棒」関連の記事が中心です。

【相棒】右京さんは亀山薫の連絡を待っている!?寺脇康文さんの復活はある?【ドラマ】

【相棒】は2020年に放送20周年を迎えた21世紀を代表するテレビドラマです。10月からは新シーズンの【相棒19】がスタートしました。


主人公は、水谷豊さん演じる杉下右京警部と、その相棒。亀山薫(かめやまかおる=寺脇康文さん)から、神戸尊(かんべたける=及川光博さん)、甲斐享(かいとおる=成宮寛貴さん)と続いて、現在は冠城亘(かぶらぎわたる=反町隆史さん)が相棒を務めています。

 

【相棒14】で登場した冠城亘は【相棒19】で6シーズン目を迎え、右京さんとの絆が深まるほどに視聴者からの人気も高まっています。

 

しかし「右京さんの相棒といえばやっぱり亀山くん」という声も多く、2008年の【相棒7】で卒業した亀山薫の人気は現在でも絶大です。

 

ファンが心待ちにしている亀山薫の復帰は有り得るのか、現在の右京さんは薫のことをどう思っているのか…

 

結論から言うと、右京さんは薫からの連絡を待っています!

f:id:setosan1015:20201031003716p:image

(画像引用=テレビ朝日)

8年間の特命係生活の後サルウィンへ

【相棒】のスタートは2000年6月に放送されたテレビ朝日系『土曜ワイド劇場』の単発2時間ドラマでした。

 

ヘマをして警視庁の捜査一課から特命係に左遷された亀山薫が、偏屈ながらも名推理を披露する上司と出会い、自分にかかった殺人容疑を晴らすストーリーでした。

 

【クールでスマート、天才的頭脳を持つにもかかわらず、出世コースに背を向け“警視庁イチの変人”という刑事・杉下右京(水谷豊)と、おひとよしな熱血刑事・亀山薫(寺脇康文)。
“静”の右京の名推理をもとに“動”の薫が動き、事件の謎を解き明かす!】(引用=テレビ朝日、相棒 season4 番組概要より)

 

2008年5月には映画が公開され、薫はその年に放送された【相棒7】の途中で卒業しました。

 

現在の亀山薫は、亡き友人の意志を継ぐために、サルウィンという国で事業をおこなっています。

「不仲」「辞めさせられた」はデマ

亀山薫を演じる寺脇康文さんの卒業について、巷では「不仲」「辞めさせられた」等の噂も飛び交いましたが、実際のところは水谷さんによる寺脇さんへの「相棒というひとつの役にとどまらず、さまざまな役を演じられるように羽ばたいてほしい」という思いを受けてのもの。

 

水谷さんは「寺脇くんとは【相棒】で映画を作るまで頑張ろうと思いながらシリーズを続けていた」(Drama&Movie 2015年3月11日)と話しています。そして2008年に劇場版が公開。

 

「公開された後、寺脇くんは卒業したんですが、実はもう一つ、彼が主役をやれるような俳優になることも目標だったんです。【相棒】の後、寺脇くんが主演ドラマを持ってくれたのはうれしいことでした」(同)

 

右京&薫のコンビに終止符が見えたのは劇場版の公開決定の頃で、寺脇さんのさらなる飛躍を願っての円満な卒業だったことがわかります。

右京さんは亀山薫の連絡を待っている!

寺脇さんを温かく次のステップに送り出した水谷豊さん。現在の水谷さんと右京さんは、亀山薫のことをどう思っているのでしょうか。

 

『月刊テレビナビ』2020年12月号の【相棒19】インタビューの中で、水谷さんが気になる発言をしています。

 

「亀山くんは、右京が窓際部署に追いやられてから初めてキチンとついてくれた部下ですから、思い入れがあります。人と共に仕事をする温かみのようなものを、最初に教えてくれた人でした。長く一緒にいられたということは、縁があったんでしょうね。おそらく、まだサルウィンで彼らしく頑張っていると思いますが、向こうでの仕事をやるだけやったら、きっとまた連絡があると思います」

 

右京さんは、薫に感謝を示し、遠い国での活動に思いを馳せつつ、いつかまた薫から連絡があることを心待ちにしているようです。

 

ファンからしたら、一刻も早く薫から右京さんに連絡してほしいところですが…

寺脇康文さんはもうすぐ還暦

【相棒】といえば亀山薫。卒業後も【相棒16】の300回記念スペシャルの回想シーンに登場するだけでTwitterのトレンド入りするなど、薫は【相棒】に無くてはならない大きな存在です。

 

小野田官房長のように劇中で死亡したキャラクターの再登場は期待できませんが、薫は右京さんに連絡すればいつでもストーリーに復帰できる準備が整えられています。あるいは帰国した足で特命係をふらっと訪問しちゃうとか。

 

【相棒18】では神戸尊や甲斐享を知らないヒロコママ(深沢敦さん)が12年振りに登場して薫がいないことを寂しがっていました。みんな、薫に会いたいんです。

 

寺脇康文さんは1962年2月生まれです。もうすぐ60歳を迎えます。

 

【相棒】の再放送を見ていると若くエネルギッシュな薫のイメージしか湧きませんが…あれはもう12年以上も前のものなんですね。成熟した薫はどんな感じなのでしょうか。

 

亀山薫は【相棒】に帰ってくるはず。その時を楽しみに待っています!

 

《関連記事》亀山薫のあのエピソードも!

【相棒】神回・名作・衝撃回おすすめ10選!初心者なら右京さんがキレッキレなあの作品【ドラマ】