雑記とかドラマ【相棒】の魅力とか!

2020年はドラマ「相棒」関連の記事が中心です。

【相棒19第5話「天上の棲家」】ネタバレ&感想…政治家一族の奥様にかけられた呪縛とは??

放送開始20周年を迎えたドラマ【相棒】は、2020年10月から新シーズン【相棒19】が放送されています。

 

【相棒19】は新レギュラーに「こてまり」こと小出茉梨(こいでまり=森口瑤子さん)を迎え、水谷豊さん扮する杉下右京と反町隆史さんが演じる冠城亘(かぶらぎわたる)がたった2人の特命係として事件を解決に導きます。

 

この記事では2020年11月11日に放送された【相棒19第5話「天上の棲家」】のネタバレを含めた感想などを記述しています。

f:id:setosan1015:20201111195406p:image

(画像引用=テレビ朝日)

第5話「天上の棲家」はどんな話?

【相棒19第5話「天上の棲家」】

2020年11月11日放送

どんな話?

右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、収賄疑惑が持たれた衆議院議員の白河達也(湯江タケユキ)が、自宅にゴミをまかれた“嫌がらせ”の捜査を押しつけられる。白河家は、大臣を輩出した政治家一族で、長年実権を握っているのは、達也の義理の母・貴代(冨士眞奈美)だった。貴代には、24年前、夫が収賄疑惑のさなかに自ら命を絶った過去があり、当時二課だった右京が、捜査を担当していたという因縁が。そんな中、達也の息子が誘拐されかける事件が発生。“告発者X”を名乗る人物から、達也宛に『会見を開き、罪を告白しなければ、家族を殺す』という脅迫文がもたらされた。Xとは、収賄疑惑を報じた日刊誌の情報源で、取材したのは、特命係と繋がりのある元検事の黒崎(内田裕也)だった。黒崎いわく、達也は白河家の婿という窮屈な立場を飛び出し、対立派閥に入るため、金が必要だったのではないかという。その後、Xの要求通り、会見を開いた達也だったが、衆人環視の中で予想外の発言を始める。(引用=テレビ朝日)

主な出演者・スタッフ

出演者
杉下右京=水谷豊
冠城亘=反町隆史

小出茉梨=森口瑤子
伊丹憲一=川原和久
芹沢慶二=山中崇史
角田六郎=山西惇
青木年男=浅利陽介

出雲麗音=篠原ゆき子

益子桑栄=田中隆三

中園照生=小野了

白河貴代=冨士眞奈美

白河達也=湯江タケユキ

白河瑞江=池田香織

木田剛=伊藤正之

黒崎健太=内田裕也

ほか


スタッフ
エグゼクティブプロデューサー=桑田潔
チーフプロデューサー=佐藤涼一
プロデューサー=髙野渉、西平敦郎、土田真通
脚本=斉藤陽子
音楽=池頼広
監督=権野元
ほか

その後どうなった?(ネタバレ)

貴代が右京さんに「あなたが殺したのよ」

達也は午後7時からの会見で、息子が襲われて妻がケガをしたこと、脅迫状がありその送り主が告発者Xであること、会見で罪を認めなければ家族を殺すと書かれていたと発表する。

f:id:setosan1015:20201112014142p:image

(画像引用=テレビ朝日)

その責任はデタラメな記事を書いた一部の日刊紙にあると発言する達也は、収賄など事実無根、潔白であると言い切る。

 

家に戻った達也に妻の瑞江が「どうしてあんな発表をしたの」とつっかかるが、母の貴代が瑞江を平手打ちして場をおさめる。ネット上では民意は白河を応援する流れに。

 

右京さんが貴代の父である亡き十蔵の部屋に入ると貴代がいる。貴代は夫の秀雄が24年前に、捜査二課時代の右京さんの追及の末に死んだ件に触れ「あなたが殺したのよ」と右京さんに言う。

 

24年前、右京さんは貴代に「いずれまたお伺いします」と話していた。

告発者Xの正体は…

ネット上で達也の収賄関与の証拠となる動画が発表される。

 

告発者Xは達也の秘書の木田だった。

 

達也と木田が姿を消した。達也は幹事長からの電話に平謝りで対応し、木田は右京さんからの電話を受信拒否する。

 

翌朝、右京さんと亘が白河家に赴き達也らの所在を聞くと瑞江は知らないと言うが、息子の大樹は「父様いたよ」という。

 

右京さんたちは十蔵の部屋で達也が息絶えているのを発見した。

達也が死亡…自殺か他殺か

鑑識の益子さんの検分によると、達也はアルカロイド系の神経毒による中毒死の公算が高いという。傍にあったボトルからは猛毒のトリカブトが検出された。

f:id:setosan1015:20201112014514p:image

(画像引用=テレビ朝日)

遺体の近くにあったPCには達也の遺書と思われる文章があった。しかし右京さんはその遺書に不自然な点を感じる。あれだけツラの皮の厚い人間がここまで殊勝に謝罪の文章を綴るだろうか…

 

白河家の前では瑞江が囲み取材を受ける。死者を美化し、内助の功をアピールしているようにも見えるその姿。

 

小料理屋「こてまり」で小出茉梨は右京さんと亘に「女は強いばっかりじゃないですよ。したたかですからねえ。おふたりとも充分お気をつけになって」と意味深に言う。

 

木田が自首する。伊丹・芹沢・麗音の取り調べに対し、達也についての告発や大樹を襲ったこと、脅迫したことなどは認める。

 

木田は達也の父親である秀雄を尊敬しており、達也のことが許せなかったと話す。収賄の証拠となるやりとりを日刊トップに提出したのも木田。

 

木田は達也は自殺で、自分が殺したのではないと言う。

 

その頃、右京さんは特命係のPCで24年前の資料を再読していた。達也の父の秀雄が死んだ時も、アルカロイド系の毒物が使用されていた…

白河家の「呪縛」が事件を生み出した?

白河家を訪れた右京さんと亘は貴代と対峙する。右京さんは「一連の騒動はこの家の呪縛が生み出したもの」であると宣告する。

 

達也は帝光地所に口利きすることで対立派閥にいる総理にすり寄り、くら替えしようとしていた。そのことに貴代が気づき、達也の反逆であるとして、政治生命を絶つように仕向けた。

 

しかし達也が記者会見で身の潔白を主張したことから、これ以上好きなようにさせるわけにはいかないとして、達也を十蔵の部屋にかくまうように見せかけて暖かい飲み物に混入した毒物を飲ませた。

 

達也と義父の秀雄のどちらにもトリカブトを盛れたのは貴代しかいない。

 

かつて白河十蔵は娘の貴代に「お前の使命は男子を産んで白河の家を継がせることだ」と言った。

 

しかし、貴代は瑞江しか産めなかった。普通の家ならそれでいいかもしれないが、白河家には日本の行く末を担うという崇高な使命がある。

 

それなのに貴代の夫の秀雄は収賄疑惑…秀雄が自死か貴代の犯行かは闇の中。

 

瑞江は大樹を授かった。しかし達也が役に立ったのはそれまで。欲に駆られて白河家に泥を塗るような男をとったのは自分なので、責任を取って後始末をしなければならない…

「私たちがいるのは天上。あなた方とは見えてる景色が違う」

「後始末って、そんなふざけた理由で人を殺すんですか」と憤る亘を「お黙りなさい」と圧する貴代。「政治家一族として生きるためには当然の犠牲です」と言い放つ。

 

亘が「あなたが奪ったのは瑞恵さん、大樹くんの父親の命です」と気色ばむも貴代は「しょせんは赤の他人ですよ」と笑う。

 

「他人に家を汚されるくらいなら、夫だろうとたとえ子供の父親だろうと容赦はしません」

 

右京さんが「あなたは間違っています」と指摘しても意に介さない貴代。「私たちがおりますのは天上。残念ながらあなた方とは見えてる景色が違うんです」

 

「それこそが呪縛ですよ!たとえあなた方にとって政治家一族であろうとすることがどんなに大事でも、人の命より価値のあるものなどありませんよ!」

 

白河家を出て警察署へ向かおうとする貴代を玄関で呼び止める瑞江。貴代が深く頷くと、瑞江もまた深く頷き返した。表情を崩して泣き顔になる貴代が、右京さんたちから捜査一課に引き渡されて車に乗せられた。

感想など

日本の将来を担う政治家一族の人間として生きる女性が、その強すぎる呪縛にとらわれて、結局は国民ではなく自分を守るために生きていたという話。自分の人生が本末転倒にならないように気をつけようという教訓になります。

「お前の使命は男子を産むことだ」

白河貴代は、自分の夫と娘の婿を死に至らしめました。なぜそのようなことをしてしまったのでしょうか。
f:id:setosan1015:20201112014555j:image
貴代の父で大蔵大臣を務めた十蔵は、貴代に「お前の使命は男子を産んで、白河の家を継がせることだ」と告げました。
 
現代の公の場で大臣がこんな発言をしたら、あるいはバッシングされるかもしれません。子供を産むことは権利であって、義務ではありません。
 
しかし、威厳のある父に命を受けた貴代には、男子を産むことが任務になりました。
 
結果、貴代が授かった子供は娘の瑞江だけでした。自分が産んだ尊い命が女子であったことを、貴代は悔やんでしまったことでしょう。
 
父親の期待に応えられなかったという失望。だからこそ貴代は自分が白河家を守らなければいけないと心に誓ったのかな。
 
白河家に泥を塗った人間は自分の責任で後始末すると気負うまでになりました。
 
自分の旦那が収賄に手を染めたと知れば、毒を盛り。自分の娘の旦那が同様の悪事に手を染めれば、また毒を盛り。

間違った上級国民になってしまった

「あなたは間違っています」と指摘する右京さんに、貴代は「私たちがおりますのは天上。残念ながらあなた方とは見えてる景色が違うんです」と言い放ちました。
 
「天上」は「雲の上」とか「この上なく最高」などを指し、「天上人」は高い身分や社会的地位のある者を示す言葉です。
 
政治家は「先生」と呼ばれるくらいなので「偉い人」という印象もありますが、そこに勘違いが生じてしまうこともあるようです。
 
国民の尊厳を守るべき役割の政治家が、自分の尊厳を守るために動いてしまうことがあります。
 
白河達也は、総理大臣が所属する対抗派閥への鞍替えを狙って、汚職に手を染めました。
 
国会議員には議員で居続けるためのプレッシャーが強いとはいえ、自分の身を少しでも安定させるために、立場を利用して一部の人だけに利益を供与するのは間違っています
f:id:setosan1015:20201112014021p:image
(画像引用=テレビ朝日)
口利きをする一方で、達也は記者会見を利用して国民感情を味方につけました。
 
もはや「国民のため」ではなく「自分のため」になりふり構っていられません。
 
貴代は達也を殺すことにしました。
 
ここ。
 
貴代の怒りは「国民がバカにされたこと」ではなく「白河家が汚されたこと」で沸騰しています。
 
「天上」に棲む人には、人が本当に大切にするべきものは何かが、見えなくなってしまっているのでしょうか。
 
貴代の「残念ながらあなた方とは見えてる景色が違うんです」という上級国民きどりのセリフを聞いていると、憤りよりもかわいそうだなと思ってしまいます。

残された大樹くんの今後が限りなく心配

亘が「あなたが奪ったのは瑞恵さん、大樹くんの父親の命です」と気色ばむと、貴代は笑って「しょせんは赤の他人ですよ」と言いました。
 
「他人に家を汚されるくらいなら、夫だろうとたとえ子供の父親だろうと容赦はしません」と。
 
いやこれはひどい。狂気です。そこまでして「白河家」は守られなければならないものなのでしょうか。
 
「こてまり」で女将さんが「女は強いばかりじゃないですよ。したたかですからねえ」と語っていました。
 
「したたか」には「一筋縄では相手にできないこと」という意味があるので、強くてしたたかな女性というのは貴代にも当てはまるでしょうか。
 
ただし、強さとしたたかさの使い方を間違っています。
 
残された瑞江は、貴代と毒殺された旦那の娘です。大樹は、瑞江と毒殺された達也の息子です。
 
達也の死亡時に、瑞江は囲み取材を受け、死者を美化して内助の功をアピールするような姿を見せていましたが、その後の経過で彼女の心境はどう変化したのでしょうか。
 
もし瑞江が強くしたたかに生きていくとしても、大樹くんは大丈夫なのでしょうか。

政治家一族であることにこだわる本末転倒

貴代の態度には、右京さんも激怒していました。
 
たとえあなた方にとって政治家一族であろうとすることがどんなに大事でも、人の命より価値のあるものなどありませんよ!」
 
右京さんには、24年前に白河秀雄の死の真相を突き止められていたら、という悔しい気持ちもあったことでしょう。
 
残念ながら、新たな死を防ぐことは出来ませんでした。
 
人は、死んだら終わりです。
 
命を大切にしようとか、人を殺すのは良くないとか、私たちが当たり前に意識していることを持ち合わせていない人もいます。
 
政治家というのは、国民が生きるために大切な役割を果たす人のはずです。
 
その家族が人を殺すことに躊躇がないという恐ろしさ。
 
そんな世界が現実にあったら怖いけど、あるかもしれないのな現実の世界です。
 
人を殺すのはよくない。政治家の汚職もよくない。そして「おまえの使命は男子を産むこと」。たとえあなた方にとって政治家一族であろうとることがどんなに大事でも…白河家の全員が本末転倒だったというストーリー。

おまけ=祝・黒崎健太復活

達也の口利き事件をスクープして一連の事件が解決するきっかけを作った黒崎健太に感謝です。
 
《関連記事》特命係の数少ない味方・黒崎健太とは?
 
黒崎は亘の法務省時代の同期で、2年前に法務省を辞め、現在は「日刊トップ」で記者をしています。なぜか右京さんのことが大好き。右京さんの役に立てて本人も喜んでいるのではないでしょうか。
 
法務省を辞めた理由について、右京さんが黒崎に「法の正義より事実としての正義を追いかけたいということですね?」と振ると「さすが杉下さん!」。完全に右京さんにインスパイアされちゃってますね。
 
「特命係の数少ない味方」の黒崎復活を喜びつつ、これからも【相棒】がさまざまな形の正義を提示し続けてくれることを期待します。

声に出して読みたい右京さんのセリフ

(どちらも白河貴代に対して)
「真実は事実の積み重ねでしかありません」
 
たとえあなた方にとって政治家一族であろうとすることがどんなに大事でも、人の命より価値のあるものなどありませんよ!」
 
《関連記事》右京さんのセリフを振り返る!