雑記とかドラマ【相棒】の魅力とか!

2021年はドラマ「相棒」関連の記事が中心です。

【相棒19第7話「同日同刻」】ネタバレ&感想…遠峰小夜子はあの木嶋佳苗より怖い毒婦だった!?

放送開始20周年を迎えたドラマ【相棒】は、2020年の秋から新シーズン【相棒19】が放送されています。

 

水谷豊さん扮する杉下右京と反町隆史さんが演じる冠城亘(かぶらぎわたる)が、警視庁のたった2人の特命係として事件を解決に導きます。

 

この記事では2020年11月25日に放送された平成の毒婦・遠峰小夜子が登場する【相棒19第7話「同日同刻」】のネタバレを含めた感想などを記述しています。

f:id:setosan1015:20201126024528p:image

(画像引用=テレビ朝日)

第7話「同日同刻」はどんな話?

【相棒19第7話「同日同刻」】

2020年11月25日放送

どんな話?

解体された空き家から白骨化した遺体が発見される。鑑定の結果、遺体は2年前に足立区で発生したアポ電強盗殺人の被疑者・野添のものと判明。強盗の共犯者による犯行と睨んだ捜査一課の伊丹憲一(川原和久)は、警察の威信にかけ、犯人逮捕に乗り出す。

 

その頃、2年前に町田で妊婦が転落死した事件の犯人も判明。別件で事情聴取を受けていた男・須藤龍男(成田瑛基)が犯行を自供したことで、突如として新展開を迎えていた。

 

その矢先、「特命係」の杉下右京(水谷豊)のもとに弁護士の連城建彦(松尾諭)から連絡が入る。東京拘置所にいる“平成の毒婦”こと遠峰小夜子(西田尚美)から、右京と冠城亘(反町隆史)に“ある情報”を提供したいという申し出があったのだ。

 

拘置所を訪ねた2人に小夜子は、なんと「妊婦転落死の被疑者・須藤は犯人ではない」と告げる!妊婦が死亡した同じ日の同じ時刻、町田とは正反対の葛飾区で須藤を目撃していたという小夜子。「一度見た顔は忘れない」という小夜子の証言を信じるべきか、慎重に検討する右京と亘だったが…?

 

捜査を進めるため、須藤を連行した警察官のもとを訪ねた右京らは、たまたまそこで、同じように須藤の自供に違和感を抱いた出雲麗音(篠原ゆき子)と遭遇。白バイ隊員時代に須藤の違反キップを切ったことを覚えていた麗音は、「須藤は何の得もない妊婦を突き飛ばすようなタイプの男ではない」と断言する。

 

小夜子が須藤を目撃したという葛飾区の現場に出向くと、通りを挟んだ反対側の足立区にはアポ電強盗殺人の捜査をする伊丹たちの姿が。目撃場所と、アポ電強盗殺人の事件現場が至近距離だったことに気づいた右京と亘はあらためて事件の経緯を洗い直していく…。

はたして、犯行を自供した須藤をかばう小夜子の真意とは…!?

(引用=テレビ朝日)

主な出演者・スタッフ

出演者
杉下右京=水谷豊
冠城亘=反町隆史
伊丹憲一=川原和久
芹沢慶二=山中崇史
角田六郎=山西惇
青木年男=浅利陽介

出雲麗音=篠原ゆき子

中園照生=小野了

遠峰小夜子=西田尚美

白石佳奈子=魏涼子

井原俊樹=福井博章

連城建彦=松尾諭

須藤龍男=成田瑛基

ほか


スタッフ
エグゼクティブプロデューサー=桑田潔
チーフプロデューサー=佐藤涼一
プロデューサー=髙野渉、西平敦郎、土田真通
脚本=山本むつみ
音楽=池頼広
監督=橋本一

ほか

f:id:setosan1015:20201126024332p:image

(画像引用=テレビ朝日)

その後どうなった?(ネタバレ注意)

野添を殺害したのはあの人物だった

2年前のアポ電強盗殺人事件の犯人である野添を殺したのは須藤龍男だった。須藤は野添の共犯だったのだ。須藤がわざと犯行を自供したのは、警察からもアポ電強盗の半グレ集団からも逃げるのが怖くなったからだった。

 

だとすると、2年前の同日同刻に町田市で起きた妊婦の転落死事件の犯人は須藤ではない!

玄関の傘立てが気になる右京さん

右京さんと亘が、死んだ井原仁美の夫である井原俊樹の自宅へ赴く。玄関に傘立てがあるのを見る右京さん。また、井原のスマートフォンに電話がかかるが井原は出ない。

 

事件当日、井原夫妻は電話で会話中に、妻が転落死したという。

 

右京さんは「1つだけ」と、事件当日は強い雨が降っていたが傘はさして行ったかと訊く。

f:id:setosan1015:20201126023918p:image

(画像引用=テレビ朝日)

「持っていった」という井原だが、読者の提供という『月刊プレス』の現場写真には井原は傘は持っていない。それどころか、写真の縁に井原の家の傘立てにある柄と同じものの傘が映り込んでいた。

 

真相は…井原は妻の外出中に、出会い系サイトで知り合った女と家で会っていた。雨が強いので駅まで送る途中で、仁美から電話がかかってきた。

 

仁美は階段の上に、井原は階段の下にいた。夫の密会現場を見てショックを受けた仁美は足を滑らせて、階段から転落死してしまった…

 

井原は浮気のことが世間にバレるのが怖くて警察にウソをついてしまったのだ。

遠峰小夜子を崇拝していた人物は…

井原の密会相手は『月刊プレス』の白石佳奈子だった。読者からの投稿に見せかけて自分が撮った現場写真を『月刊プレス』に掲載した。

 

右京さんは佳奈子が『月刊プレス』を通じて遠峰小夜子に協力者していたのではないかと疑う。人を操る技術も似ている。

 

佳奈子は遠峰小夜子による真珠養殖詐欺の被害者だったが、その事を訊かれると狂ったように「夫がつまらない人だとわかったのはあの人のおかげ」と高笑いする。小夜子には自伝を出版する交渉もしていたらしい。

 

しかし「操られるより真実を話す」と決めた井原が佳奈子を相手に被害届を出すことに決め、脅迫か恐喝で逮捕されるだろうと右京さんたちに告げられた佳奈子はその場に崩れ落ちた。

愚かな人を破滅させるゲーム?

右京さんと亘は拘置所で遠峰小夜子と会う。小夜子の真の狙いは、小夜子を崇拝する佳奈子の破滅だったのではないかと。

 

しかし小夜子は、自分には関係ないと一蹴する。

 

小夜子は「愚かな人たちのウソが一つひとつ暴かれて階段を転げ落ちていくように破滅していく。そういうゲームを考えるのは暇つぶしになる」と語った。

 

小夜子は10歳の頃、母に父親の浮気を吹き込んだ。母が気色ばむのを見て笑みを浮かべた。母と父がケンカして、母が階段から転落死しているのを見た時もほほ笑んだ。その頃からひとり部屋で「きらきら星」を歌っていた…

 

なお、連城弁護士は遠峰小夜子の協力者ではなく、人を操る力は弁護士として学ぶべきところがあるためモニタリングしているらしい。

 感想など

右京さんたちの捜査によって嘘がバレた人たちが破滅していく過程を拘置所の中から楽しむゲーム…を仕掛ける遠峰小夜子の攻略は難易度が高すぎてムリな気もしてきましたが、ここまで来たら右京さんに何とかしてほしい…!!

遠峰小夜子(とおみねさよこ)とは

西田尚美さんが演じる遠峰小夜子(とおみねさよこ)は【相棒17第6話「ブラックパールの女」】で初登場しました。

 

《当サイト関連記事》

【相棒19】モデルはあの木嶋佳苗⁇平成の毒婦・遠峰小夜子が再登場

 

「ブラックパールの女」の時点では連続殺人事件の被告で、一審では3人の殺人が認定されて死刑判決が下り、控訴を準備中でした。

 

小夜子に殺されたとされるのは、真珠養殖詐欺の被害者です。南洋ブラックパールの養殖に投資すれば、1000万円が1年半後には1200万円に増えると持ちかけて、中高年の独身男性を手玉に取っていました。

 

「平成の毒婦」と呼ばれる小夜子ですが、詐欺については認めているものの、殺人については頑なに否定しています。

 

遠峰小夜子のキャラクターは、2007年から2009年にかけて起きた「首都圏連続不審死事件」の犯人である木嶋佳苗(きじまかなえ)によく似ています。婚活詐欺などで大金を手にした木嶋佳苗も「平成の毒婦」と呼ばれ、3件の殺人について否認しています。

f:id:setosan1015:20201126024205p:image

(画像引用=テレビ朝日)

拘置所の中から右京さんと亘を操る

遠峰小夜子は「ブラックパールの女」では、拘置所で右京さんに、自分が若い女性向けのブラックパールを紹介した科学者が溺死した事件について話します。

 

右京さんが興味をもって調べると、科学者の死は事故ではなく殺人事件で、意外な真犯人が見つかりました。

 

右京さんが「あなたは僕たちを使って谷岡さんの死を暴こうとしたのですね?」と訊くと、小夜子は「私の推理が正しいかどうか、誰かに確かめてほしかったんです。私はほら、拘束されてる身ですから」と答えます。

 

ムッとする右京さんは「言っておきますが、いつもあなたの思惑通りに事が進むとは限りませんよ」と言い放ちますが…小夜子は「あの二人、使える」と高笑いし、以後も特命係を操ります。

 

【相棒18第17話「いびつな真珠の女」】では、亘が淡い気持ちを寄せる女性を拉致監禁させて、右京さんと亘が女性を救出できるかどうかというゲームを仕掛けました。

 

3度目の登場となった今回の【相棒19第7話「同日同刻」】では、小夜子は右京さんたちを拘置所に呼び出して「2年前に町田市で妊婦が転落死した事件の犯人は須藤ではない」と話します。

 

右京さんとしても、小夜子に腹を立てながらも、事件の真相を暴かずにはいられないため、捜査をすることで、真実を見抜き、小夜子が仕掛けたゲームをクリアさせられています。

10歳の頃に詐欺で母親を殺す?

かつて遠峰小夜子は『魔性の女・遠峰小夜子の真実〜平成の毒婦と呼ばれた女』というムック本で、中学生の頃のことを書かれて、反論しています。

f:id:setosan1015:20201126024004p:image

(画像引用=テレビ朝日)

『中学生の時に受けたいじめが、犯罪に走る人格を形成した』という部分については「いじめに遭ったことはありまん」と否定。「むしろ、クラスメイトは私の機嫌をとっていました」とも話します。

 

友達の遊ぶ金を出していたが、それは恐喝されたのではなく、自分がお金持ちだから出してあげていたのだと説明します。本の『そのお金は、援助交際で手に入れた』という核心については「ええ、そうです」と肯定していました。

 

しかしこのやりとりは、ムック本の内容についての小夜子と特命係の会話であったため、事実かどうかは曖昧です。

 

一方で今回は、遠峰小夜子の回想シーンとして、10歳の頃の小夜子が登場しました。

 

小夜子が部屋で「きらきら星」を歌っていると、父と母が喧嘩している声が聞こえ、大きな物音の後に部屋を出ると階段の下で母が息絶え、階段の上には呆然とする父がいました。

 

小夜子は笑みを浮かべました。

 

その直前、小夜子は母と道を歩いていて、花屋の女性店員を指さして、女性店員が父と一緒にいるのを見たことがある、と告げました。衝撃を受ける母。

 

小夜子は笑みを浮かべました。

 

「親の影響」ではなく「親に影響」。10歳の頃には、すでにゲームを始めていたんですね…恐るべし。

遠峰小夜子の信者になってしまった女性

「月刊プレス」の編集者である白石佳奈子は、遠峰小夜子の自伝を出版することをめざしていました。尊敬の域を超えて崇拝していました。

 

佳奈子は狂気じみた表情で「人間の救いようのない本性を暴き出す。痛快だわ。拘置所にいても彼女は自由。人を惹き付けて意のままに動かすことができる。読者は『遠峰小夜子は私だ』『解き放たれたもう1人の自分だ』って思う」と話し、酔いしれていました。

 

「月刊プレス」の編集者として小夜子とやりとりするうちに、加奈子自身が「遠峰小夜子は私だ」「解き放たれたもう1人の自分だ」と思い込んでしまったのでしょう。「平成の毒婦」の虜になるのは男性だけではないようです。

 

右京さんは、小夜子が本当に破滅させたかったのは佳奈子だったのではないかと見ています。

 

小夜子は佳奈子について「誰だったかしら」ととぼけました。しかし小夜子のような存在になりたいと願った佳奈子の模倣について「その人、自分の中身が空っぽ」と一蹴しました。

 

「そういう人って、簡単に心を乗っ取られて都合よく操られてしまう人ですよね。お気の毒」とも。

動機が見えないチートモンスター感

遠峰小夜子にとってはゲームをしているだけなのかもしれません。

 

母親を騙して夫婦喧嘩をさせて母を死なせ、その死に自分が絡んでいるとは明らかにさせないゲーム。

 

【相棒】シリーズで有名な連続殺人鬼「平成の切り裂きジャック」こと浅倉禄郎(生瀬勝久さん)は、子供の頃に母親を完全犯罪で殺害していますが、そこには「母が娼婦だったから」という動機がありました。

 

しかし、今のところ小夜子がゲームを始めるようになった理由は明らかになっていません。

 

10歳よりさらに以前に何かがあったのか、物心ついた時から詐欺師だったのか。

 

もはやモンスターです。右京さんが言っていた「彼女は危険です」の意味が、じわじわと理解できてきました。

 

視聴しているだけでも、攻略方法が見つからないチートな小夜子のことが気になって、もっと知りたいと吸い寄せられてしまいます。

 

他人の心を自在にくすぐる小夜子には、拘束された身でも協力してくれる人間が複数いると見受けられます。冠城亘でさえ、小夜子に洗脳されそうになったほどです。

f:id:setosan1015:20201126024825j:image

(画像引用=テレビ朝日)

右京さんを「相手」ではなく「駒」にする

遠峰小夜子にとって、現在の最高の遊び相手が特命係の2人です。

 

小夜子は「愚かな人たちの嘘が一つひとつ暴かれて、階段を転げ落ちていくように破滅していく。そういうゲームを考えるのは暇つぶしになる。拘置所の中は退屈だから」と話します。

 

「いびつな真珠の女」では、拉致監禁事件を自分から指示していたような気配がありましたが、今回は「須藤は町田事件の犯人ではない」と伝えただけで、それじたいは悪いことではありません。

 

白石佳奈子を破滅させようとしたのかどうかも定かではありません。拘置所の中から右京さんたちに真相を暴かせる手段は、悪いことというより、むしろ善意にさえ見えてしまいます。

 

右京さんは最後に「遠峰さん。このゲームのルールでは、真実がすべて暴かれて破滅するのがルールです。あなたも例外ではありませんよ」と言い返しました。

 

これはどういうことなのでしょうか。右京さんも小夜子の真実をすべて暴いて破滅させるということなのでしょうか。

 

右京さんは「ぼくはただ真実が知りたいだけなのです」とよく言いますが、小夜子に対する右京さんは静かにスイッチが入ってしまっていて、その先の「破滅」を狙っている気配が見えなくもありません。

 

まあ、右京さんなら、小夜子のゲームの駒にされてしまって黙っていられるわけがありません。

 

右京さんのことを「相手」ではなく「駒」と見ているところが遠峰小夜子のチート感。

 

遠峰小夜子みたいな人に出会わないように願い、出会っても騙されないように気をつけ、破滅させられるような嘘をつかないこと。

 

それぐらいしか今は自衛策を思いつかないので、次は必ず右京さんに正攻法で遠峰小夜子をやっつけてほしいと願います。

声に出して読みたい右京さんのセリフ

(遠峰小夜子に対して)

「遠峰さん。このゲームのルールでは、真実がすべて暴かれて破滅するのがルールです。あなたも例外ではありませんよ」

 

(ラストシーン、拘置所の廊下で遠峰小夜子の自伝について亘が興味を示すと)

「でっち上げた自伝など読む価値はありませんよ」

 

《関連記事》【相棒19】のあらすじ・ネタバレ・感想などはこちら

相棒19 カテゴリーの記事一覧