雑記とかドラマ【相棒】の魅力とか!

2021年はドラマ「相棒」関連の記事が中心です。

【相棒19第9話「匿名」】ネタバレ&感想…Twitterやインスタの本垢裏垢を「善意」で特定する人が??

放送開始20周年を迎えたドラマ【相棒】は、2020年の秋から新シーズン【相棒19】が放送されています。

 

水谷豊さん扮する杉下右京と反町隆史さんが演じる冠城亘(かぶらぎわたる)が、警視庁のたった2人の特命係として事件を解決に導きます。

 

この記事では2020年12月9日に放送された【相棒19第9話「匿名」】のネタバレを含めた感想などを記述しています。

f:id:setosan1015:20201209181213p:image

(画像引用=テレビ朝日)

第9話「匿名」はどんな話?

【相棒19第9話「匿名」】

2020年12月9日放送

どんな話?

浅井環那(杏さゆり)という女性が歩道橋で何者かに突き飛ばされ転落死する。

環那はSNS上で「インコ日誌」というインコの飼育日誌を書き込んでいる。「インコ日誌」のファンだという小手鞠(森口瑤子)からSNSを見せられた「特命係」の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、そのコメント欄に「お前を絶対に許さない」と書き込まれているのを、たまたま見つけていた。

近所の主婦・飯島智子(藤吉久美子)の目撃証言により、環那の知人でカリスマイケメンシェフの溝口修也(海斗)が重要参考人に浮上。事件の一週間前には、環那とのトラブルで警察沙汰も起こしていたことから、捜査一課は金銭と交際を巡っての犯行という見方を強める。

 

だが、目撃者であり通報者でもある智子の“通報のお手本”とも言える詳細な証言が気になった右京。

さっそく自宅を訪ねた右京と亘は、そこでワイドショーと刑事ドラマが大好きだという智子から新たに「歩道橋の上で男女が揉み合っていたときに、男のほうが『まさか先生を!?』と叫んでいた」という証言を得る。

警視庁に戻った2人は、捜査一課の出雲麗音(篠原ゆき子)から、矢坂美月(野村佑香)という弁護士と環那に何らかの関係があったことを聞く。男の言葉は「まさか先生を」ではなく、「矢坂先生を」だったのではないかと考え、美月を訪ねようとする右京たちだったが、なんと美月は6日前に転落事故で亡くなっていた…!

 

環那と関わりがあった美月が転落死し、その4日後に環那も同じように転落して死亡。2つの事件の関連性が疑われるなか、美月がこれまでにも、SNSの裏アカウントにDVやストーカー被害について“匿名”で書き込んでいる女性に自分から声をかけ、相談に乗っていたことが明らかになる。

そしてそのなかには、溝口から脅迫の被害を受けていた女性も…。美月、溝口、そして環那に繋がりが見えはじめ、捜査は急展開を見せるが、やがて思いもよらぬ事実が判明し…?

(引用=テレビ朝日)

主な出演者・スタッフ

出演者

杉下右京=水谷豊
冠城亘=反町隆史

小出茉梨=森口瑤子
伊丹憲一=川原和久
芹沢慶二=山中崇史
角田六郎=山西惇
青木年男=浅利陽介

出雲麗音=篠原ゆき子

益子桑栄=田中隆三

飯島智子=藤吉久美子

矢坂美月=野村佑香

浅井環那=杏さゆり

溝口修也=海斗

ほか


スタッフ

エグゼクティブプロデューサー=桑田潔
チーフプロデューサー=佐藤涼一
プロデューサー=髙野渉、西平敦郎、土田真通
脚本=杉山嘉一
音楽=池頼広
監督=権野元

ほか

f:id:setosan1015:20201209190009p:image

(画像引用=テレビ朝日)

その後どうなった?(ネタバレ注意)

美月が所属していた一倉法律事務所の一倉によると、美月は1年ほど前、自分を逆恨みする暴漢を事務所で返り討ちにして以降、DV、セクハラ、ストーカーに悩む女性を担当することが増えたという。

裏アカウントを特定して情報を入手?

右京さんたちが美月が転落死した歩道橋に赴くと、水野彩香という女性が花を手向けていた。彩香は、自暴自棄になっていた時に美月に声をかけられ、力になるからと名刺を渡され、助けてもらったらしい。美月は「眉間の縦シワは不幸を呼ぶからやめたほうがいい」とも彩香に話していた。

 

ひょっとして、美月は事前に彩香を知っていて近づいたのではないか?

 

彩香は自分のつらさについて、家族や警察には相談していなかったが、SNSの裏アカウントには書き込んでいた。

 

美月は彩香の本アカウントと裏アカウントが同一人物であることを、書き込みの内容などから特定して、彩香に声をかけていたようだ。

SNSでカモの女性を見つけて盗撮で恐喝?

特命係が智子の家を訪問すると、右京さんは湿布を見つけて智子が怪我をしたのかと身を案じる。

 

智子は「まさか先生を」と言ったのは男のほうだったかも知れないと言う。また、環那が襲われていたのではなく、環那が一方的に攻撃していたのではないかと。

 

右京さんが考え込むと「そんな難しい顔したら幸せが逃げちゃう」と、目じりにシワを作るようにアドバイスする。

 

青木によると、環那には裏垢は無く、溝口にはあったようだ。林早紀という女性が、溝口について「即死希望」などとコメントしていた。

 

早紀は溝口と関係を持ち、その際に盗撮されて「ネットでばら撒くぞ」と恐喝された。早紀はそれを美月に相談していた。早紀は環那とSNSで知り合って、環那の紹介で溝口に会ったらしい。

 

青木が環那のスマホの映像を解析すると、溝口がある店舗に落書きしているところが映っていた。その店のオーナーが溝口を罵倒したからという理由のようだ。

f:id:setosan1015:20201210024450p:image

(画像引用=テレビ朝日)

動画が世の中に出たら溝口は終了…この動画で環那は溝口を脅していた。環那は溝口を使って、溝口に近づいた女性を恐喝させていたのだ。環那と溝口は共犯だった。

孤独な主婦がSNSにハマった経緯とは?

発見され逮捕される溝口。溝口は環那を殺していないことがわかる。

 

自分は酷いことをしていない、被害者だと主張するが、右京さんは「恥を知りなさい!」と一蹴する。

 

右京さんたちは智子の家を訪れて、SNSサイトのENMEに「ヴィラネス1122」という環那の裏垢が存在することを教える。右京さんたちが帰ったあと、パソコンで必死に「ヴィラネス1122」のパスワードを探し、ついに特定して侵入する智子。

 

そこには「突き飛ばしたらネイルとれた。まじで最悪」などと書き込まれていた。

 

環那が転落死した歩道橋の上に行く智子。雑草の中から環那の爪を探す。そこに現れた右京さんたちは、爪はすでに回収したことと「ヴィラネス1122」のアカウントは自分たちが作った偽物であることを話す。環那は美月の事件の翌日にネイルサロンに行っていた。

 

智子は主人と別居していて、パソコンでSNSを見始めた。最初は色んな人の愚痴を読んで「私だけじゃないんだ」と共感していたが、ひどい書き込みを見ているうちに、なにもできない自分に腹が立った。

 

智子は美月の「最近うまく笑えない」「私は本当に役立たずだ」という書き込みと、男による美月への犯行予告の書き込みを見て、法律事務所に行き、暴漢に襲われる美月を助けた。

 

眉間のシワが縦だと幸せが逃げちゃうよ、頑張って笑おう、と話して意気投合した智子と美月。智子の家にあった湿布はその時に処方されたものだった。

2つの事件をつなぐ真相は…?

智子はネットで悩み苦しむ人を見つけて美月に情報提供していた。

 

溝口が裏垢に環那を襲うと書き込んでいるのを知り、智子は美月を現場の歩道橋に向かわせたが、美月が歩道橋から転落死してしまった。

 

その日から環那のSNSが更新されなくなった。智子は必死に溝口から恐喝される女性たちをSNSで見つけた。そこから智子は環那の関与に思い至った。

 

智子が歩道橋で美月を殺しただろうと環那を問い詰めると、環那が智子を突き落とそうとして、もみ合っているうちに智子が環那を突き落としてしまった。

 

その場で立ち去れば智子は疑われなかったが、美月の死の真相を暴くために、男が女を突き落としたと嘘の通報をした。

 

爪は環那のものとDNA鑑定で証明され、さらに美月の顔にあった傷の皮膚片が付着していた。環那が美月を殺した有力な証拠になる。

 

右京さんは「縦のシワ」や「横のシワ」の話が出た時に、智子と美月につながりがあると確信したと言う。

 

こてまりさんによると、環那が飼っていたインコは無事、新しい飼い主が見つかったようだ。インコが写る画面をニコニコ見つめる右京さんと亘。

 感想など

 LINEやTwitterなどのSNSが犯罪に悪用されるのはよく聞く話ですが、他人に知られたくない裏アカウントが、ある人の善意によって特定され利用されてしまうこともあるとなると、怖くてSNSに何もコメントできなくなってしまいそうです。

ふと始めたSNSで他人の投稿を読んでいるうちに…

SNSは「ソーシャル・ネットワークキング・サービス」の略で、社会的なつながりを作り出せるサービスのことです。

f:id:setosan1015:20201210024553p:image

LINE、Twitter、Facebook、Instagramなど、ちょっとずつ特徴が違うSNSがあって、若年層から高年齢層まで幅広く普及しています。

 

当たり前のように使われているSNS。家族や友人との日常的な連絡ツールでありつつ、ネットの世界の知らない誰かとつながることもできます。人はなぜSNSを利用して、個人的な連絡以外の情報を発信したり共有したりしようとするのでしょうか。

 

自分に似た趣味や考え方の人とつながりたいという人もいれば、ただ何となくコメントを入力している人もいます。あるいは「いいね」が欲しい承認欲求が強い人もいます。投稿せずに他人の投稿を読むことが目的の人もいます。

 

旦那と別居中の主婦・飯島智子は、最初はいろんな人のグチを読んで「私だけじゃないんだ」と共感することに価値を感じていました。

f:id:setosan1015:20201210024116p:image

(画像引用=テレビ朝日)

しかし、酷い書き込みを目にするようになってからは、何もできない自分の無力感に苛まれるようになりました。

裏垢でグチっていたら救世主が現れた

SNSで複数のアカウントを持つ人はたくさんいます。そのうちメインで利用するものが「本アカウント=本垢」または「リア垢」、それ以外のものが「サブ垢、別垢、裏垢」などと呼ばれます。

 

裏垢の使い方は人それぞれですが、中には「本垢でつながっている人には読まれたくない投稿をする」「嫌なことがあった時や悲しい気持ちなどのネガティブな発言をする」場所として設定している人もいます。

 

アナログのノートやスマホのメモ帳機能ではなく、誰かに見られる可能性があるSNSに投稿するのは、それがいちばん便利だからなのか、見てもらって共感し反応してほしいからなのか…

 

水野彩香は、日常生活のストレスをSNSの裏垢に書きなぐっていました。家族や知人に言えないグチをぶつけられる場所が裏垢でした。

 

裏垢で投稿しているのは、誰かに共感してほしいけれど、自分が誰だかは知られたくないといった感覚でしょうか。

 

ある日、彩香は矢坂美月という弁護士に声をかけられました。美月は彩香の悩みを聞いて、その胸中をわかってくれました。彩香にとって、美月との出会いは奇跡と呼べるものでした。

 

しかし、美月は声をかける前から彩香を知っていました。飯島智子がストレスに悩む彩香の裏垢を見つけて、そこから本垢を特定して、美月に情報提供していたのです。

 

美月と智子は、困っている人を助けたいという善意でした。彩香は助けられ、美月に感謝しています。

 

でも、その裏にSNSのアカウントの「特定」という行為があるのは、とても恐ろしいことです。

善意で裏垢から本垢を特定する人たち

ストーリーの中で、サイバー課の青木年男が本垢と裏垢が同一人物かどうか特定する作業をひけらかしています。

 

「仕事帰りに雨が降ってきた」という投稿から、日時などを照合して投稿された地区を絞りこんだり、「最悪、人身事故」という投稿と電光掲示板の画像から駅を特定するなどしていき、本垢と裏垢の情報を比較していくと、同一人物かどうかが判別できるというのです。

 

とくに画像は情報が詰め込まれているので、気軽に投稿したら住所がほぼ特定さらてしまったという事例もリアルにたくさんあります。

 

特定厨と呼ばれる人たちは、少ない情報から登録者の個人情報を特定しようと躍起になっています。

 

知られたくないことが暴かれてしまうのは、気分が良くないし、場合によっては恐怖を感じます。

 

SNSの沼にハマってしまった智子にとって、裏垢の特定行為は完全な善意でした。人助けの行為として生きがいを感じるまでになりました。

 

反応がほしい気持ち。わかってほしい気持ち。リアルで反応がきて、わかってもらえること。

 

SNSの社会とリアルには大きな壁があるはずです。特定という秘密がバレさえしなければ、みんな幸せになるし問題ないじゃんと思われるかもしれませんが、本当にそうなのでしょうか。

 

後ろめたいことでないならば、裏垢から本垢と本人を特定したと正直に説明すればよいことです。しかし、それを言わないのははやっぱり「気持ち悪い」ことだからなのではないでしょうか。

SNSを使って女性を釣って恐喝するお仕事

浅井環那はSNSで「インコ日記」というセキセイインコのマリとコマの飼育日誌を公開していました。

f:id:setosan1015:20201210025500p:image

(画像引用=テレビ朝日)

こてまりさんが毎日楽しみにするほどの、ほのぼのとした投稿が人気だったようですが、環那は自身の裏垢にかなり性格の悪い投稿をしまくっていました。

 

美月を殺した時は「突き飛ばしたらネイルとれた。まじで最悪」です。内容とともに、人を殺した直後に投稿できる残忍さにもゾッとします。

 

環那は、溝口という男の犯罪動画を収録して、溝口を脅していました。

 

溝口は元カリスマイケメンシェフですが、SNSで「お前らが料理を選ぶんじゃない。俺の料理が客を選ぶんだ」と投稿して炎上し、追い込まれた人物です。アホですね。

 

環那に弱みを握られた溝口は、自分のアカウントで知り合った女性と関係を持ち、その様子を盗撮して、恐喝していました。

 

SNSを通じて見ず知らずの人と知り合い、行為を盗撮されるなどして恐喝される犯罪は少なくないようです。未成年が騙されてしまう場合もあります。

 

というか、このストーリーを見ていると、純粋にSNSを使っている人が絡んでこないので、SNSの使用をためらってしまいます。

右京さんは「匿名の特定」をどう思うのか

智子が法律事務所での襲撃事件を事前に察知して美月を救ったのは、素晴らしいことだと思います。美月と襲撃犯を特定する行為には疑問を感じますが、それは智子の正義感であり、特定行為は犯罪ではありません。

 

ただ、弁護士の美月がSNSの特定行為を利用してまで自分から人助けに精を出すというのは、やりすぎなような気がします。むしろ智子の特定行為についてその危険をアドバイスする立場です。

 

右京さんは、智子に「あなたがすべきことは死ぬことではありません。罪を償い、またいつか笑えるようになることです」と優しく語りかけました。

 

右京さんは特定作業の是非については触れていません。美月が人助けをする際にいつも智子からのアドバイスを引用していたことを告げています。2人には固い絆があったこと。人助けという行為については肯定的なようです。このあたり、右京さんと意見を交わしてみたいところです。

 

刑に服す期間は、スマホを使うことができなくなります。

 

スマホを使えない生活とはどういうものか。SNSは何のために存在するのか。特定作業までして人を助ける行為は本当に正しいのか。またやるのか。

 

特定されるのが怖いくらいならSNSなんかやるなよという意見もあるかもしれません。

 

SNSって、なんなんでしょうね。

 

みんなが気持ちよく使えるSNS社会になるといいね!

声に出して読みたい右京さんのセリフ

逮捕され取調室で被害者ヅラする溝口に

「ふざけたことを言ってはいけませんよ! たとえ殺人は犯していなくても、あなたのしたことは下劣であさましい犯罪であることに変わりはありませんよ! 恥を知りなさい!」

 

歩道橋で犯行を告白し、自殺しようとする智子に

「あなたは死んで罪を償うおつもりだったんですね? 『縦のシワは幸せが逃げる。幸せを呼ぶのは横のシワ』…僕があなたと矢坂先生の関係に気づいたのはこの言葉からでした。矢坂先生は助けた女性たち全員に、この言葉を伝えていたそうです。『私も変われました。あなたも変わりましょう』笑顔でそう言っていたそうです。あなたがすべきことは、死ぬことではありません。罪を償い、またいつか笑えるようになることです」