雑記とかドラマ【相棒】の魅力とか!

2021年はドラマ「相棒」関連の記事が中心です。

【相棒「杉下右京はここにいる」】ネタバレ&感想…亀山薫は右京さんに消された??

放送開始20周年を迎えたドラマ【相棒】は、2020年の秋から新シーズン【相棒19】が放送されています。

 

水谷豊さん扮する杉下右京と反町隆史さんが演じる冠城亘(かぶらぎわたる)が、警視庁のたった2人の特命係として事件を解決に導きます。

 

この記事では2020年12月25日に動画配信プラットフォーム『TELASA』(テラサ)で配信された【相棒・配信オリジナル「杉下右京はここにいる」】のネタバレを含めた感想などを記述しています。

f:id:setosan1015:20201225234836p:image

(画像引用=テレビ朝日)

「杉下右京はここにいる」はどんな話?

【相棒・配信オリジナル「杉下右京はここにいる」】

2020年12月25日配信

どんな話?

捜査一課の奥にある資料室にいた杉下右京(水谷豊)。一課に戻ってきた伊丹憲一(川原和久)、芹沢慶二(山中崇史)、出雲麗音(篠原ゆき子)は、そうとは知らずに右京にまつわる“あるウワサ”について話し始める。
それは以前「特命係」にいた亀山薫(寺脇康文)、そして右京とは浅からぬ因縁があった警察庁長官官房室長・小野田公顕(岸部一徳)に関するものだった。部屋の奥から会話を聞いた右京は、そのあまりに衝撃的な内容に…!?

出演者・スタッフ

出演者

杉下右京=水谷豊
冠城亘=反町隆史

伊丹憲一=川原和久
芹沢慶二=山中崇史

出雲麗音=篠原ゆき子

 

スタッフ

脚本=輿水泰弘
音楽=池頼広
監督=権野元

f:id:setosan1015:20201226001553p:image

(画像引用=テレビ朝日)

その後どうなった?(ネタバレ注意)

特命係は亀山薫の前に6人が在籍しており、ことごとく警視庁を離れたことから「人材の墓場」と呼ばれていた。

伊丹刑事によると…

 

その6人が全員死亡していることが判明。事故か病死とされているが、杉下右京が全員を完全犯罪で殺した疑いがあるという。

 

その犯罪が薫に暴かれそうになったため、薫は右京に口封じのために殺されており、薫がサルウィンに井戸掘りに行っているというのは右京が作った嘘なのではないか…

 

どうやら薫が「亀山文書」なる告発文を作成して、当時の小野田官房長に渡していたらしい。官房長は右京の弱みを手にしたが、ここぞと言う時に右京を動かす切り札とするために握りつぶした…

 

その「亀山文書」がこのほど発見されて、衣笠副総監の手に渡ったというのだ。ただし、この情報源はサイバー課の青木年男。

 

そこに、冠城亘が右京を捜して捜査一課を訪れる。右京がエレベーターで殺し損ねた蚊を追って捜査一課の部屋に来たのではないかと言う。

 

これを聴いて資料室から出てきた右京は、蚊を仕留めたと報告し、あわてる伊丹と芹沢に「ぼくは人を殺したりしません」と語り、亘に「連続殺人事件?」の情報を持っている青木を呼び出させた。おわり。

感想など

「右京さんなら完全犯罪の遂行が可能なのではないか」と想像することはありますが、まさか亀山薫を含むかつての相棒7人を皆殺しにしてしまうとは…とんでもないストーリーで最高でした!

スピンオフならではの「遊び」

【相棒】からのクリスマスプレゼントとして、テレビ朝日が運営する動画配信プラットフォーム『TELASA』でオリジナルストーリーが配信されました。

 

【相棒】では本編のシリーズの他にスピンオフに位置づけられる作品が以前から存在します。鑑識課の米沢さんが主人公となった「鑑識・米沢守の事件簿」が2009年に、伊丹刑事が田中圭さん演じる岩槻刑事と相棒を組む「X DAY」が2013年に、それぞれ劇場版として公開されました。テレビでは【裏相棒】が有名です。

 

今回はTELASAの独占動画配信でのエピソード。その内容は、コメディータッチのものでした。

 

テレビで放送されている【相棒19】はシリアスな内容のストーリーが続いていますが、もともと【相棒】は「何でもあり」が売りのドラマです。

 

亀山薫や神戸尊が右京さんの相棒だった時代には、コミカルな作品も少なくありませんでした。動画配信として「考えさせられない」回が復活して純粋に笑えるのも、たまには良いものですね。

名探偵なら完全犯罪もできる?

「平成のシャーロック・ホームズ」と言われるほどの名探偵ぶりでどんな事件でも解決してしまう右京さんなら、じつは裏で完全犯罪に手を染めていても、誰にもバレないのではないか…と想像してしまうことがあります。

 

右京さんは絶対正義の人ですから、そんなことはないと思いますが、それでも世の中に絶対などということはないとすると、まさかのまさかがないとは言えません。

 

ここまでは想像できますが、じつは右京さんが亀山薫を殺していたなんて発想は思いつきませんでした。

 

亀山薫といえば右京さんとともに【相棒】の世界を作り上げ、揺るぎない信頼を保ったまま特命係を卒業していった人物です。

 

杉下右京ならなんでもできる…とはいえ、亀山薫を殺すなんてあり得ない…薫を含む7人の元在籍者を殺していたら、特命係は例えではなく本当に「人材の墓場」になってしまいます。

 

しかし、亡き友人の意志を継いでサルウィンに旅立ってからの薫は描かれておらず、もしかしたら本当に死んでしまったのかもしれません。薫が殺されたのなら、その妻の美和子さんも右京さんの手にかけられてしまっていてもおかしくありません。

 

何も信用できなくなりますね。

亀山薫と小野田官房長の名前が出るだけで泣ける

薫が作成した「亀山文書」が小野田官房長の手に渡っていたというのも、興味深いところです。薫の卒業を初めて匂わせたのが官房長の「杉下の正義は時に暴走するよ。一緒に大ケガする前に、君もそろそろ身の振り方を考えるべきじゃないかしら」というセリフでした。

 

あれから薫は「なぜ」を考え始めたのかもしれません。なぜ右京さんはそこまでして絶対正義を求めるのか。そこには何か裏があるのではないか。ひょっとして、自分の前に特命係に在籍した者たちがすぐに消えたことと関連があるのではないか。

 

右京さんのいちばん近くにいた薫だからこそ、気がついてしまったのかもしれない…

 

薫と官房長といえば、卒業してから10年が経過してもいまだに人気が衰えないキャラクターです。動画配信まで追いかけて【相棒】のオリジナルストーリーを視聴するファンには、2人の名前が出てくるだけでも感涙ものです。

 

官房長は死んでしまいましたが、薫は帰ってくるかもしれません。右京さんに殺されていなければ。

輿水泰弘脚本だからできる「何でもあり」

今回のエピソードの脚本を担当したのは輿水泰弘さんです。

 

輿水さんは【相棒】のメイン脚本家であり、右京さんの、薫の、そして官房長の生みの親です。

 

右京さんを完全無欠の名探偵にしたのも、亀山薫をサルウィンに旅立たせたのも、官房長が右京さんに「かんぼーちょーーーーーー!」と叫ばれながら死んだのも、輿水さんが作ったストーリーでした。

 

輿水さんだからこそ創作できたストーリーが「杉下右京はここにいる」ということなのでしょう。

 

現在の輿水さんは初回と最終回のシリアスな話を担当することが多くなっていますが、【相棒】以前はコメディばかり書いてきたと本人が話すとおり、洋式トイレの便座にハマって人が死ぬ話で視聴者を驚かせるような「ちょっと笑える意外な話」がハマる作家さんでもあります。

 

このところの【相棒】シリーズは深く重いテーマの作品が多いため、笑いに飢えていた人物にとっては、オチが「蚊」で、この後青木がこってり絞られるところまで想像できる今回は「ちょっと笑える意外な話」として、素敵なクリスマスプレゼントになりました。

 

《関連記事》もう1つのクリスマスプレゼント動画についてはこちら

【相棒「冠城亘はここにいる」】ネタバレ&感想…笑顔が最高な亘と亀になった角田課長

声に出して読みたい右京さんのセリフ

(蚊と対決していたという右京さん)

「真剣勝負でしたからねえ。極力、気配を消しましてね。思いのほか時間がかかりましたが今やっと。とはいえ、僕も闇雲に殺生はしません。殺すのはせいぜい蚊とハエ、ああ時にはゴキブリも。少なくとも、人を殺したりはしませんねえ」

 

いいや、どうかなあ、笑。

 

《関連記事》コミカル回の名作といえば…

【相棒】初心者から楽しめるコミカル・コメディー回おすすめ名作神回5選!笑ってスッキリ!