雑記とかドラマ【相棒】の魅力とか!

2021年はドラマ「相棒」関連の記事が中心です。

【相棒19最終回「暗殺者への招待~後篇」】ネタバレ&感想…特命係vs官房長官の行方は【相棒20】へ

放送開始20周年を迎えたドラマ【相棒】は、2020年の秋から2021年にかけて新シーズン【相棒19】が放送されています。

 

水谷豊さん扮する杉下右京と反町隆史さんが演じる冠城亘(かぶらぎわたる)が、警視庁のたった2人の特命係として事件を解決に導きます。

 

この記事では2021年3月17日に放送された【相棒19第20話・最終回スペシャル「暗殺者への招待〜宣戦布告」】のネタバレを含めた感想などを記述しています。

f:id:setosan1015:20210317180403p:image

(画像引用はテレビ朝日)

第20話・最終回「暗殺者への招待〜宣戦布告」はどんな話?

【相棒19第20話・最終回30分拡大スペシャル「暗殺者への招待〜宣戦布告」】

2021年3月17日放送

 

《関連記事》

ここまでの伏線1

【相棒18‐20最終回「ディープフェイク…」】ネタバレあり感想…右京さんもフェイク映像をねつ造?

 

ここまでの伏線2

【相棒19-初回「プレゼンス」】ネタバレ感想…加西周明は「ネオ・ジパング」で何を企む?

 

ここまでの伏線3

ドラマ【相棒19-2話「プレゼンス〜後篇」】ネタバレ&感想…「6億あげるよ」で遊ぶ上級国民??

 

ここまでの伏線4

【相棒19第19話「暗殺者への招待」】ネタバレ&感想…もし上級国民がすべて悪い奴だったら?

どんな話?

『相棒オフィシャルサイト』版

加西 (石丸幹二) が殺し屋に狙われているという情報をめぐり、内閣情報調査室の柾庸子(遠山景織子)から協力を持ち掛けられた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)。内調でも“加西不逮捕”の件を調査していたというが、右京はさらに上の権力者から、指示があったのではないかと疑う。いっぽう、加西の気まぐれで殺されかけた麗音(篠原ゆき子)は、鑓鞍 (柄本明) が衣笠副総監(杉本哲太)に加西の警護を要請した件も含めて、美彌子(仲間由紀恵)に不満をぶつけていた。同じ頃、麗音銃撃事件は単独犯で、加西は関係ないと供述を翻した静 (日南響子) が、加西からの金銭授受に蒔子(松永玲子)を利用している疑惑が浮上。しかし、当の蒔子は、黙秘の構えを見せていた。そんな中、内調を動かしているのは、官房長官の鶴田(相島一之)とにらんだ右京と亘は、鶴田から事情を聞く。すると、加西は政界に深く食い込んでいて、特に鑓鞍とは昵懇の関係にあると証言する。

 

『テレ朝POST』版

加西周明(石丸幹二)を標的とした殺し屋が雇われたことがわかり、「特命係」の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、内閣情報調査室カウンターインテリジェンスセンターの柾庸子(遠山景織子)から「情報の共有」を提案される。

不当に罪を逃れた加西を逮捕したい「特命係」と、加西には相当の罰を与えたいと考える「内調」――双方の利害は一致している、というのが庸子の言い分だった。

その頃、警視庁では、衣笠藤治副総監(杉本哲太)から加西を警護するよう命令が出されていた。警護命令は国家公安委員長の鑓鞍兵衛(柄本明)の差し金。一方の、内調からの“情報共有の打診”は、内閣官房長官の鶴田翁助(相島一之)の命令によるものだった。

鶴田に会いに出向いた右京と亘はそこで、加西と鑓鞍が昵懇(じっこん)だという事実を聞かされる。衣笠に加西の逮捕状の執行停止を働きかけたのは鑓鞍――それが事実なのであれば、無視できる状況ではないと右京は捉え…。

その頃、加西と仮想国家『ネオ・ジパング』が事件に関係しているという供述を翻させるため朱音静に支払われた金と、殺し屋に加西殺害を依頼した際の報酬について調べていた捜査一課の伊丹憲一(川原和久)、芹沢慶二(山中崇史)はようやく通帳の在り処にたどり着く。

買収金の支払われ方、そして殺し屋依頼の経緯が徐々に明らかになっていく中、意外な人物たちの繋がりが判明。そして加西の周辺にも新たな動きが…!

出演者

杉下右京(すぎしたうきょう)=水谷豊
冠城亘(かぶらぎわたる)=反町隆史

小出茉梨(こいでまり)=森口瑤子

伊丹憲一(いたみけんいち)=川原和久
芹沢慶二(せりざわけいじ)=山中崇史
角田六郎(かくたろくろう)=山西惇
青木年男(あおきとしお)=浅利陽介

出雲麗音(いずもれおん)=篠原ゆき子

大河内春樹(おおこうちはるき)=神保悟志

益子桑栄(ましこそうえい)=田中隆三

内村莞爾(うちむらかんじ)=片桐竜次

中園照生(なかぞのてるお)=小野了

衣笠藤治(きぬがさとうじ)=杉本哲太

社美彌子(やしろみやこ)=仲間由紀恵

加西周明(かさいしゅうめい)=石丸幹二

朱音静(あかねしずか)=日南響子

万津蒔子(よろずまきこ)=松永玲子

中郷都々子(なかざとつづこ)=織田梨沙

鶴田翁助(つるたおうすけ)=相島一之

栗橋東一郎(くりはしとういちろう)=陰山泰
柾庸子(まさきようこ)=遠山景織子

鑓鞍兵衛(やりくらひょうえ)=柄本明

ほか

 

スタッフ

エグゼクティブプロデューサー=桑田潔
チーフプロデューサー=佐藤涼一
プロデューサー=髙野渉、西平敦郎、土田真通
脚本=輿水泰弘

音楽=池頼広
監督=橋本一
ほか

f:id:setosan1015:20210317230147p:image

その後どうなった?(ネタバレ)

静が書いた文字の間違いだらけの手紙には「あたしの過ちの中に真実があると思う」と強調されている部分があり、誤字の部分をつなげると「ねっとでころしややとってほしい」となっていた。

加西周明と7人のボディーガードが死亡!

お金の受け渡しを仲介した都々子は手紙の仕掛けに気づいていた。都々子は、蒔子と静が殺し屋を雇うことを事前に知っていた。

 

都々子は柾庸子と個人的な親交があるらしい。同郷で、大学時代は庸子の部屋に居候していたようだ。殺し屋の情報は都々子から庸子に渡っていた。

 

加西は亘に電話で「とっとと殺し屋を捕まえてくれよ」と要求する。17日の鶴田のお誕生会に出席したいらしい。

 

その加西が、7人ものボディーガードとともに自宅で一酸化炭素中毒により死亡した。益子が聴いた話によると、加西は出張料理人を雇っていたらしい。殺し屋はコックに化けた藤原久美子という偽名の中年女だった。

都々子の6億円横取り計画は失敗に

右京と亘は、拘置所の面会室で蒔子と静の作戦は失敗に終わったと告げる。蒔子は本物の殺し屋を雇ってなどいない。騙されたのだ。

 

衣笠副総監は内村の追及により、忖度を認めたが、それは鑓蔵ではなく、鶴田のためのものだった。加西不逮捕の圧力は鶴田がかけたのだ。

 

法律事務所で、右京たちは弁護士の三門と都々子に証拠の封筒の束を見せる。そのうち2枚の切手から都々子のDNAが検出されていた。都々子は退職届を書くという。6億円は事務所で受け取っていたが、不渡りの詐欺によって払うべきものを払わずに済ます横取りをしようとしていたのだ。

 

不渡りのことを加西が知ったら一大事だ。しかし、加西が殺害されると知っていたら安心…三門と鶴田はつながっていた。

殺し屋を雇った本当の人物は?

黒づくめの人物がアジトのような場所に入ると、右京と亘がハサミ打ちにする。黒づくめの人物の正体は庸子だった。

 

公園で見かけられた殺し屋の正体は本物のホームレス。フェイク画像による目くらましだった。また、殺し屋が存在すると印象づけるための庸子の作戦だった。都々子から情報を受けた庸子は、蒔子に罪を押しつけて加西を殺害することにしたのだ。

 

蒔子がやり取りした殺し屋というメールの相手は庸子だった。庸子のレジ袋には、蒔子が殺し屋に依頼した1000万円が入っていた。

 

鶴田が加西逮捕を妨害したのは、守るためではなく、抹殺するためだった。庸子に指令を出したのは鶴田なのか。加西を甘やかした結果なのか。庸子は「加西は肥大化しすぎた。このままでは日本国のためにならない」として、今回の件は自分の一存だと供述する。

右京と亘の宣戦布告に鶴田は…

鶴田の部屋で亘は「我々はケンカを売りに来ているので」と鶴田を挑発し、右京も「我々は必ずあなたの悪事を暴いてみせます」と宣戦布告した。

 

真相に憤慨する都々子。拘置所で不気味に笑う静。蒔子は息子のゴーグルを装着して何かを見ている。

 

鶴田は栗橋に「杉下右京、冠城亘。消し去りたいねえ、あの二人。警視庁からじゃないよ」と電話で話し、次期シリーズに含みを持たせて最終回は終了した。

f:id:setosan1015:20210317230307p:image

 

感想など

加西周明が殺害されるという、まさかの展開になった最終回は、その首謀者と見られる鶴田内閣官房長官に特命係が宣告するところまでが描かれて、【相棒20】以降に期待が高まるクライマックスとなりました。

加西周明で始まり加西周明で終わる

【相棒19第1話・第2話「プレゼンス」】は、VR(バーチャル・リアリティー)を使った仮想国家「ネオ・ジパング」が舞台となりました。

 

その「建国の父」である大金持ちの加西周明は、朱音静に6億円のプレゼントを持ちかけました。加西の要求は「白バイ隊員を撃ち殺すこと」です。人の命を奪う行為を道楽で見るために、6億円出そうというのです。

 

朱音静は、白バイ隊員の出雲麗音を銃撃しました。麗音は重体に陥りながらも、命を落とすことはありませんでした。

 

石丸幹二さんの奔放な演技で「プレゼンス=存在感」をあふれさせた加西は、衣笠副総監からの「鶴の一声」で逮捕を免れました。

 

そんな加西について右京さんは「近いうちに突き止めて必ず首を取ります」と宣言しました。

 

しかし右京さんの願いが叶うことはありませんでした。

まさか殺されてしまうとは

第1話と第2話を受けての【相棒19第19話「暗殺者への招待」】と【相棒19第20話・最終回「暗殺者への招待〜宣戦布告」】では、VRの話はほぼ出ませんでした。

 

第19話の時点で、加西が「ネオ・ジパング」を売り払ってしまいました。火消しのために朱音静に再び6億円を提示して、自分は銃撃事件とは無関係であると装い、今度は「プレゼンス」を消そうとしました。

 

しかし、時すでに遅し。

 

加西周明という「上級国民」は、他の上級国民に目をつけられてしまっていました。

その1人が、鶴田内閣官房長官です。

 

加西とつながりのある鶴田にとって、自分の思いつきで何でも言ってのける加西は、すでにコントロールのできない邪魔な存在になっていました。

 

そんな人間には、死を持って口をつぐんでもらおう。鶴田はそう企図したのでしょうか。

f:id:setosan1015:20210318020659p:image

【相棒】シリーズの名物キャラクターとして人気を獲得しつつあった加西周明は、7人の用心棒とともに、暗殺者によって殺害されてしまいました。

権力を持つ「上級国民」が強すぎる

6億円獲得をめざす朱音静。その手助けをする万津蒔子。お金を横取りしようとする弁護士の中郷都々子。

 

静と蒔子による加西暗殺計画について、同郷で深い親交のある都々子から情報を聴いた柾庸子は、加西を消して蒔子に罪を被せるチャンスだと思いつきました。庸子は鶴田の愛人です。

 

自ら暗殺者になりすまして蒔子を騙し、本物の暗殺者を雇って加西殺害を成功させた庸子は、刑事たちに追及されても「私の一存です」と鶴田の関与を否定しました。

 

権力を持つ者が、自分を脅かす権力を手に入れそうになる人物を消し、真実を握りつぶす…

 

権力の中にも階層があって、本当に高い位置にいてクレバーな権力者こそ、最後に笑う者になるのでしょうか。

 

しかし、そのために他人を脅かすのは許すまじ行為です。

 

たとえ加西周明が悪者であったとしても、その命が潰えさせられて良いわけがありません。

 

鶴田という巨悪に対して、特命係はケンカを売ります。右京さんは「我々は必ずあなたの悪事を暴いてみせます」と宣戦布告しました。

 

半年に渡って放送された【相棒19】は、ここで終了となりました。

早くも期待でワクワクする【相棒20】へ

「今」を大切にして番組制作に取り組む【相棒】が、今回は右京さんとその敵の対決を次期シリーズに持ち越し【相棒20】につなげる終わり方をしたのは意外でした。

 

【相棒18】の最終回で初登場した鶴田にも再登場の予感はありましたが、もし【相棒】シリーズが【相棒18】で終了して新シリーズが無くても、それなりに腑に落ちる最後ではありました。

 

しかし、ここまで鶴田がクローズアップされてくると、右京さんとの対決の続編を【相棒20】に期待してしまいます。

 

記念すべき20シリーズ目では、鶴田のほかに「ブラックパールの女」こと遠峰小夜子(西田尚美かん)との対決にも注目が集まります。

 

また【杉下右京の最大の敵】として【相棒3】から登場しながらも【相棒19】ではなんの音沙汰もなかった片山雛子(木村佳乃さん)がストーリーに再びからんでくることも考えられます。

f:id:setosan1015:20210318020758p:image

こうした「続きもの」としてのエピソードに興味をそそられつつも、1話ごとに丁寧な人物描写が重ねられるのが【相棒】の魅力です。

 

【相棒19】では、橋本じゅんさんが売れない役者を演じた「三文芝居」や、冴えない男と少年の交流を描いた「人生ゲーム」など、心に残る名作が続出しました。

 

【相棒19】では、加西周明の道楽のために殺されかけた出雲麗音が捜査一課に加わり、内村刑事部長がまさかの正義キャラに目覚めたことで、レギュラー陣のメリハリがつきました。


副総監と刑事部長の間で板挟みに遭う中園参事官の今後からも目が離せません。【相棒20】への期待は尽きません。

家族で安心して見られる【相棒】の完全復活

ただし「プレゼンス」と「暗殺者への招待」の計4話が【相棒20】への単なる伏線というわけではなく、それぞれに視聴者を深い思考へ誘う要素がありました。

 

第1話では現実と仮想現実の関係性。第2話では加西周明という上級国民に右京さんが牙を向いたことで、権力に負けずに強く生きるためにはどうすればよいか。

 

第19話では、登場人物それぞれの思惑の蠢きから、人が人を利用し合うことの功罪について。最終回では、上級国民であっても死ぬ時はあっけなく、翻って現実を生きる我々が生きる上で大切にするべきことは何か。

 

一時期の暴力的で暗い雰囲気のエピソードによる陰鬱さが消え、「単純に楽しい」と「深く考えさせられる」が共存した、家族が世代を超えて安心して見ていられる【相棒】が完全復活した【相棒19】。

 

【相棒20】が放送されると想定して、右京さんが鶴田や遠峰小夜子に勝つ方法を考えたり、時事問題に触れて自分なりの意見が持てるよう考察したり、そして右京さんに少しでも近づけるように知識を身につけたり、あとは…毎日、紅茶を飲みつつ「今」を生きる楽しみを積み重ねておこうと思います。